レビュー一覧に戻る
ゴーストバスターズ
2016年8月19日公開

ゴーストバスターズ

GHOSTBUSTERS

1162016年8月19日公開

stillbe

1.0

ネタバレセンス無し;品も愛も無し

・ところどころいいところもあるけれど、  演出が下手なのか脚本が悪いのか編集の問題なのか、  テンポが不安定で今一つ引き込まれない。 ・「15年前に亡くなっています→この人は息子です」と、ゴーストというテーマから安直に発想したような小ネタとか(テンポ良く見せれば面白くできたかもしれないけど)、  ちょこちょこ入る下ネタとか(序盤でいきなりお尻を振りだしたところで、ああ、ダメな作品だな、と)、  ケヴィンのウザキャラとか、  センスを感じない無駄な小ネタ多々。 ・中華料理ネタは何が面白いのか分からない。 ・いじめられて世の中に反撃とか、人物造形がいじめっ子視点で陰湿。  深みも掘り下げも無し。 ・自転車壊すのは笑いどころのつもり?嫌な気分にしかならない。  弱い者いじめに見える。 ・中華料理屋の配達員の、  弱い者を笑いものにしようという描き方に、品も愛も無い。  ケヴィンは、能力の低い者を嘲笑したいのか、  あるいは「外見と筋肉があれば能力が無くても大事にされる」ということなのか、  どっちにしろ愛のない不快な描き方。 ・戦闘シーン、ワクワクもハラハラも爽快さも無い。決着しても全く心は動かず。  武器がゲームっぽく複数種類登場していたけど、  見せ方が弱いので印象に残らない。 ・全体として、内容は薄く心動かされる演出もなくキャラには魅力も深みも無く(メイン4人は見た目で区別しやすいので、うまく魅力を引き出せば面白いコメディが作れそうなのに)、  その上に品が無く小ネタがつまらなくいじめっ子気質で、  評価を低くする。

閲覧数698