ここから本文です
Yahoo!映画 メンテナンスのお知らせ
2017年6月29日(木)0時 ~ 24時の間、メンテナンスを実施します。 期間中は、「みた」「みたい」「レビュー」「まとめ」の投稿や編集、削除機能がご利用いただけません。
皆様にはご不便をおかけしますが、ご了承ください。

ジェイソン・ボーン (2016)

JASON BOURNE

監督
ポール・グリーングラス
  • みたいムービー 1,302
  • みたログ 4,590

3.69 / 評価:3,666件

アイデンティティより上程度

  • オーウェン さん
  • 2016年11月24日 18時16分
  • 閲覧数 1397
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

9年ぶりにジェイソン・ボーンが4作目として戻ってきた。
このシリーズのファンだけに大変嬉しいのだが、一抹の不安はある。
主役のマット・デイモンは40代に突入し、キレのあるアクションが見せられるのか。

そしてこれが一番大事だが、原作のラドラムは3作までしかなく、つまりこの4作目はオリジナル脚本という点。
これらが実際見ると物語上温いという感覚を受ける。

ボーンの過去に焦点を当てた物語だが、そこまでボーンが切迫するほどの内容に聞こえてこない。
つまりボーンが洗脳されて負った苦悩を醸し出す1~3のような感情とは違う。

こうなるとシリーズの焼き直しのようなアクションが続く。
身近にあるものを使う格闘や、終盤に起きるカーチェイス。
これらのレベルダウンは過去のシリーズを見ていればはっきりと分かる落差。

グリーングラスの編集術もずいぶんと長回しが多いのか、緊迫感が薄いように感じる。
テンションとしては明らかに低く、シリーズではせいぜい「~アイデンティティ」を上回るぐらいの出来。

ここから新章開始のはずだが、デイモンの年齢を考えても後のクオリティが保てるのかが非常に心配だ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここまでです このページの先頭へ