ここから本文です

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅 (2016)

FANTASTIC BEASTS AND WHERE TO FIND THEM

監督
デヴィッド・イェーツ
  • みたいムービー 1,575
  • みたログ 1.4万

3.82 / 評価:11678件

退屈すぎて

  • kaw***** さん
  • 2016年11月29日 20時37分
  • 閲覧数 1434
  • 役立ち度 17
    • 総合評価
    • ★★★★★

CGはよく出来てると思ったけど
美麗CG自慢タイムが長すぎる。

出だしは派手なアクションなどの掴みが欲しかった。
面白くもないやりとりが淡々と進むだけで
世界や状況の説明が無さすぎ。

主人公がカッコイイわけでもセクシー路線というわけでもなく
かといって普通の人間でもない中途半端な性格で
ストーリーを引っ張るわけでもなく
話を分かりやすくするために立ちまわることもない。
最後までいまいちわからない存在だった。
せめてラブロマンスでもやってれば
まだ観れたかもしれないが、それすらない。

主人公の仲間たちも地味で話を盛り上げることが出来てない。
子供向け映画なのかもしれないが
毒が無さすぎな大人ばかりでキャラが若干死んでる。

それなりのCGを駆使していながら、
箱庭レベルで壮大さがない。
ファンタジーの世界なら、もう少しスケールの大きさを感じる映像に
してた方が良かったのではないだろうか?

空想動物が活躍するシーンが多いのだけど
ドラマ性などないから観ていて、ただただ眠い。
中でも黒いネズミみたいな生き物が延々と悪戯ばかりしていて
序盤はとにかくイライラする。
こんなシーンに何分も時間を割いている。

話にとにかくキレの良さがないので退屈で眠い。
終盤、一応魔法対決シーンがあるのだけれど
それもあまり刺激的にはしたくなかったらしく
抑え気味の描写でワクワクドキドキする気持ちになれない。

ハリーポッターシリーズはわりとこういう映画だとは思ってるけど
(シリーズ前半しか観ていないので後半は違うかもしれないが)
せっかく主人公が大人になってるのに
子供に見せられる大人として描こうとしているのか
大人らしい部分が抜け落ちてて、
結果、面白くもおかしくもない人物たちが
なんとなく魔法で戦っただけの内容で終わっていた。

ハリーポッターが好きな人なら
その思い入れで観れるのかもしれないけど、
思い入れがない人には観るに堪えない。
人に薦めたいと思う映画ではない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ