ここから本文です

エルヴィス、我が心の歌 (2012)

EL ULTIMO ELVIS/THE LAST ELVIS

監督
アルマンド・ボー
  • みたいムービー 12
  • みたログ 22

3.39 / 評価:18件

最後まで共感できず

  • koi***** さん
  • 2016年6月13日 15時23分
  • 閲覧数 764
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

イニャリトゥ監督の「ビューティフル」「バードマン」で共同脚本を担当したアルマンド・ボーの初監督作品。
アルゼンチンでエルヴィス・プレスリーの物まね歌手として活躍するジョン・マキナニーをモデルにし、本人を主役に据えた人生ドラマです。

エルヴィスの物まね歌手カルロス。
仕事のできない冴えない中年男なのですが、ステージでは自分をエルヴィスの生まれ変わりだと信じ素晴らしい歌声を披露します。
しかしその激しい思い込みで服装や車ばかりか自分の娘の名前もエルヴィスの娘と同じリサ・マリーと名付けるなど常軌を逸しています。
妻もさすがに愛想を尽かし娘を連れ別居してしまいます。
そんな中、カルロスはエルヴィスが亡くなった42歳を迎えて、ある行動に出ます…。

自分をエルヴィスの生まれ変わりと信じ、目の前の現実を無視して狂信的にエルヴィスにのめり込むあわれな中年男というモチーフはとても面白いんだけど、いかんせん設定もキャラ作りも甘すぎるので、最後までカルロスに共感できず、ダメ男のままで終わってしまいました。

それで笑えればいいのですが、笑いを取るところまで届いていないのが残念でした。

初監督作品への思いが強すぎて空回りしたみたいな感じですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ