ここから本文です

エルヴィス、我が心の歌 (2012)

EL ULTIMO ELVIS/THE LAST ELVIS

監督
アルマンド・ボー
  • みたいムービー 12
  • みたログ 22

3.39 / 評価:18件

解説

エルヴィス・プレスリーの生まれ変わりと信じる男性が夢を追う姿を、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などの脚本家アルマンド・ボーが描くドラマ。工場で働きつつエルヴィスのトリビュートアーティストとして活動し、家族と離れても夢のために行動を起こす男性の姿を映し出す。主演は、実際にエルヴィスのトリビュートアーティストをしているジョン・マキナーニー。不器用ながらも純粋な主人公の人生と、ジョンの吹き替えなしの歌声に揺さぶられる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

工場勤務のカルロス(ジョン・マキナーニー)は、夜はエルヴィス・プレスリーのトリビュートアーティストとしてパフォーマンスを披露していた。エルヴィスの生まれ変わりと信じるカルロスに妻はあきれ果て、娘と一緒に出ていってしまっていた。ところがひょんなことから、カルロスが娘の世話をすることになる。カルロスは徐々に父親らしくなっていくが、自らの夢のために妻と娘を残し、聖地グレイスランドへ向かう。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ