2016年9月10日公開

四月は君の嘘

1222016年9月10日公開
四月は君の嘘
2.6

/ 6,518

24%
12%
13%
8%
43%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

類いまれな才能を持つ天才ピアニスト有馬公生(山崎賢人)は、母親が他界してから演奏できなくなってしまう。高校2年生のある日、幼なじみを通じて彼は勝ち気で自由奔放なバイオリニスト宮園かをり(広瀬すず)と出会う。その独創的な演奏に触れたことで、公生は再びピアノと母との思い出と向き合うようになる。一方のかをりは、ある秘密を抱えており……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(772件)

泣ける23.0%切ない18.9%かわいい13.1%悲しい10.5%ロマンチック7.6%

  • かおりこ

    5.0

    好きな映画です

    邦画の中で好きな映画ベスト5に入ります。 なぜこんなにも評価が低いのか分かりません。原作は見ていません。 映像も綺麗で俳優さん達の演技もとても良かったです。疲れた時に見ると、若い俳優さん四人の爽やかさとキラキラ感、映像の風景、音楽に癒されます。私はおばさんですが。

  • M.J forever

    4.0

    原作見てない派

    私はYahoo映画のレビューを参考にしながら良く映画を見る派ですが、普通に良い作品でした。 何故、こんなに評価悪いのだろうとレビューを見たら、星1付けてる殆どの方が原作を壊しているとか言われてますね。 2時間では表現できない部分もあるでしょうが、角度を変えて逆に2時間という短い時間でよくここまで作れたなと視点を持つことも大事かなと思います。 映画が良かったので、今度は原作も見てみたいと思った作品でした。

  • oir********

    3.0

    少し切なくも爽やかなベタベタの音楽恋バナ

    これは全てうまくはまっていたという印象。 キャストもロケ地もストーリーも。 檀れいと山崎賢人が親子というのは顔見りゃ見て納得。笑 ダブルヒロインの広瀬スズと石井杏奈はいくつか作品を見ていたけれど、初めてどちらも可愛いと感じることができたのも良かった。 ロケ地は鎌倉ばかりと思い込まされてしまったので、橋から川へ飛び降りの場面には心底ビックリ!! あんな場所が鎌倉にあったなんて・・・湘南住まいだったこともあるけど鎌倉のことは殆ど知らなかったんだな・・・ ↑視聴後に調べたら何と郡上八幡吉田川とのこと、まんまと騙されたよ笑 でも結局一番のポジ要素は音楽劇だったこと。恋バナであれスポ根風であれ、音楽はストレートに〝琴線”をかき鳴らしてくるので、余程不味い演奏でない限りダメ出しすることはない。個人的にはだけど ちょっと後半は長いかなとも感じたが、ドラマの流れを考えれば必要最低限の長さだったとも言える。逆に短くカットしたら充実感はもたらされなかっただろう。 気分を明るく爽やかにしてくれた作品。 3.3の三ツ星

  • pre********

    1.0

    視聴者を馬鹿にするのもいい加減にして

    漫画未読、アニメ視聴済 アニメには感動したし、普段アニメを観ない人にもお勧めしたい作品として5本の指に入る傑作だと思っています。原作組から見るとちょいちょい削られている部分もあるようですが。 そのアニメは全22話ですよ。1話あたり正味20分として全部で440分です。 それを120分程度の映画にまとめるなんて端から無理な企画なんです。 それを重々承知の上で制作した訳です。原作やアニメのファンはタイトルで食いつくし役者さんのファンも観てくれるから、詐欺みたいな駄作でどんなに酷評されようが、採算は取れますからね。 で、ストーリーの枝葉を全部切り落としてダイジェスト版以下の物が出来上がった。 役者さん達は頑張ってますよ。アニメ組の私として違和感ありません。現場に罪はない。 でもね、大木の枝葉を全部切り落として幹だけにして「立派な大木でしょ」って言われて納得する人なんて居ないんですよ。 映画化するなら最低でも「三月のライオン」のように2本に分けないと無理です。

  • かたぴー

    5.0

    無理があるような...

    別の映画を観た時に、この映画の予告編に興味を持ったので、公開初日の朝、観てきました。少し期待していただけに、ハズレ感が否めません。 ちなみに、原作未読、アニメも観ていません。 鑑賞しながらも、何度となく「映画館でわざわざ観る映画ではないな...」と感じました。脚本が悪いのか、監督の力不足なのか、配役のミスマッチなのか...とあれこれ考えてしまう映画で、ほとんど入り込めず、感情移入もできず。 唯一、良かったのが、石井杏奈さん。 ソロモンの偽証でも、ガールズステップの主役でも、見事に役をこなしていたので、今回も観客を裏切ることなく、好演技だったのが救いでした。 「音楽を通じて想いを伝える」というテーマなら、土屋太鳳さん、竹内涼真さんの「青空エール」の方が断然良かったです。 泣けるというより、心揺さぶられる青春映画。キャストも良くて、結局3回観ました。 この違いは何なのか...。 映画鑑賞後、アニメを第1話~5話まで観たので、更に今回の映画化への失望感が増してしまいました。山崎賢人さん、カッコいいとは思いますが、複雑な感情を表現する映画への出演は、まだ早いのでは?と感じました。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


関連ニュース

関連ニュースの記事はYahoo!ニュースに移動します。


基本情報


タイトル
四月は君の嘘

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル