ここから本文です

四月は君の嘘 (2016)

監督
新城毅彦
  • みたいムービー 857
  • みたログ 7,172

2.64 / 評価:6497件

原作関係無しで、良作!!!

  • ChayMaiMai さん
  • 2016年9月11日 0時38分
  • 閲覧数 7591
  • 役立ち度 93
    • 総合評価
    • ★★★★★

本作、公開日、鑑賞してきました。
ちなみに、私、原作、アニメとも見ておりません。
その上での感想ですが、とても丁寧に撮られた良作でした。

監督を見てみると、新城毅彦監督ですね。
寡作というほどでもありませんが、
忘れた頃に、ひょこっと作品が公開される(2年に1回位?)
イメージの監督さんです。

で、私、新城監督の作品とは、何か相性がいいんですよね。
(単に、私の「好み」であるというだけかもしれませんが。笑)
何というか、作品のイメージが「キラキラ」していて、見終わった後、
「恋愛っていいな。」って思わせてくれるような、
ぽっと気持が明るくなるような。。そんな作品。
そして、基本は、ベタな純愛路線です。。(アマアマです)
あと、いつも旬の女優さんを起用して、とても綺麗に撮ってくれる。
今、新城監督の作品リストを見ていて、改めて、
そんなことを思い出しました。(笑)

さて、で、本作はというと、
まず、ヒロイン広瀬すずは、やはりとても可愛く撮れていました。
ファンの方は、安心して見に行って下さい。(笑)

そして個人的に、特筆すべきは、山崎賢人の演技のすばらしさです。
というか、今回の役が、彼にばっちり合っていたという方が
正しいかもしれない。

彼を初めて見たのは「管制塔」という作品ですが、
ちょっと、おとなしい感じの(もっというと、根暗で)
繊細な少年を演じていて、まさにはまり役でした。
そして、その直後、映画「アナザー」でも、同じく橋本愛とのW主演で、
これもまた、ちょっとおとなしい感じの同じような少年を演じていて、
好感を抱いていました。

ところが、その後、TVドラマや映画作品で、
何かイケメンのS系の男子(壁ドン元祖??)
などを演じたりすることが多くて、
「え?いつの間に、そんな感じになっちゃったの?」と
個人的にとても違和感を感じていました。
ですが、本作でようやく、
元の私のイメージの山崎君に戻ってきてくれて、
ぶっちゃけうれしいです。(笑)
本当、今回の役は、彼にぴったり合ってました。100点です。

で、本作の方の話に戻りますが、
まず、良かった点。
主演のお二人の演技のすばらしさに加えて
・臨場感ある演奏シーンの見せ方
→最初のシーンは、「えっ。音と演技が合ってないんじゃ?」
 と思ったのですが、時間がたつにつれて、段々と合っているように
 感じてきて。。これって、わざとなんですかね?(笑)
 その後は、効果的に視点を変えながらの臨場感あふれるカメラワークで、
 とてもワクワクして見られました。
・美しい風景をベースにした日常生活の描写
→鎌倉、湘南あたりで撮っていると思うのですが、海の風景が美しい。
 あんなところで過ごせたら、それだけで特権ですね。
・石井杏奈の演技(切ない乙女心が泣ける。ベタですが。笑)
→彼女、いい意味で普通っぽいところが、良さだと思うんですよね。
 今回のようなポジションで、味のある演技をこれからも見せてほしいです。
次に、悪かった点。
・前半と後半が、完全に別の物語になっているのが違和感があった
→前半で、山崎賢人が、ピアノが弾けない試練を乗り越えた、その後、
今度は、急に広瀬すずの病気の話になって。。
話の流れの移り変わりが、唐突すぎて、ちょっと違和感があったかな。。
でも、まぁ上映時間の制約を考えると仕方ないのかも。。
・橋から飛び降りるシーン
→あれって、本当にやってないですよね?(笑)
あの高さの橋から飛び降りるとなると、相当な水深がないと間違いなく、
死にます。(笑)
マネする人はいないと思いますが。。あれは、やりすぎですよ。
良い子は、絶対、まねしないように!!!(笑)


最後に、最近、いつも思っていることをちょっと書きます。

本作も原作ありきの作品ですので、原作ファンの方も多く
鑑賞されていると思います。

で、当然(まぁ、必ずといっていいほど)
「原作と違う!!!」
「原作を台無しにしている!!!」
といったレビューが、山と言うほど出てくると思います。

が、映画と原作は別物です。そこをわきまえて、冷静に
映画作品のレビューは映画作品のレビューとして
行っていただきたいと思います。

私自身、映画は好きで頻繁に見ますが、
その原作の少女漫画やアニメまでは、さすがに見られません。
で、その映画作品だけを見て、幸せな気分になっている時に
原作と違うというだけで酷評を受けているのを見るのは耐えられません。
一、映画ファンとしては、そういう気持ちなんです。

#本来、映画は映画、漫画は漫画とそれぞれすみ分けて、それぞれ、
#発展していければ、それが一番理想なのかもしれませんが。。
#現在の状況では、それも難しく。
#マナーをわきまえた投稿を心がけましょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ