ここから本文です

シークレット・アイズ (2015)

SECRET IN THEIR EYES

監督
ビリー・レイ
  • みたいムービー 183
  • みたログ 1,031

3.46 / 評価:731件

最後の5分間のためだけの1時間50分

  • green_earth001 さん
  • 2020年3月7日 16時18分
  • 閲覧数 1406
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

出演者が有名どころと、口コミ評価が良かったので視聴。
うーん、自分にとっては今一つ面白くなかったです。
元FBI捜査官が犯人の行方を13年目にして見つけたことで物語が動き出す。
その見つけた根拠がその捜査官の「勘」的なもので、そこに至るまでの知的プロセスがなく楽しめない。
13年前の回想シーン。ここも容疑者を見つけ出すプロセスに深みがない。
状況証拠や、容疑者を煽って凶暴性を導き出すものの、まだ捜査官の想像範囲にしかとどまらない中で、捜査員はその容疑者を犯人として確定していく。
警察組織の都合で真相をうやむやにされるのでそういう結果となるのは仕方がないか。
視聴者はその容疑者が犯人かどうかうやむや。一方、元捜査官、被害者の娘の母親で元同僚、警部補は犯人として決めつけ追い続ける。
そのちぐはぐ感がすっきりしない。
必死に追いかける元捜査官の苦悩、どこか壊れている感がある母親の悲壮感、顔には出さないがその事件の闇を抱える検事補の重苦しさが、そのズレた感覚に拍車をかけるのだが。
映像、テンポ、演出が、映画というより重厚な2時間テレビドラマ的なのも残念だった。
そしてラストまで観て言える事は、華のある豪華俳優陣にはこの暗い役を演じるのはもったいなかったということ。なんせ、美しくないから。。。

ただ、最後は、ガツンときました。
「ああ、お馴染みのラストね。はいはい。」という感想から、
「え、そういう処理をするのか。。。怖。」という感想に。
ああ、キレイな女優さんはやっぱり華のある映画が似合います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ