レビュー一覧に戻る
走れ、絶望に追いつかれない速さで
2016年6月4日公開

走れ、絶望に追いつかれない速さで

TOKYO SUNRISE

832016年6月4日公開

WXYは知ってても、それだけじゃ

2.0

絶望が目を塞ぐ

亡き友人が書いた絵の主を求めて旅する男女。 この男女ともその友人と親交があったのだが、親交の深さを描写する場面が無い。男同士で一緒に住んで、一緒に風呂屋に通う。少し話すシーンとかあるが、友人が大阪に行く理由も悩みの描写も無し、女との親交の描写もほとんど無し。 関係が深かったからこそ友人の足跡をわざわざ辿るのだろうが、なんとなく行ってる様にしか見えない。見つけた相手にそっけなく対応されるのを単に正当化してるだけ。それでは物語自体の趣が無い。 個々の思わせぶりな描写を羅列して、見る方の想像に任せるタイプの映画、 デッサンと下手な飛翔の絵の意味も不明だし、単に朝焼けの美しさを示しただけか。

閲覧数1,386