レビュー一覧に戻る
走れ、絶望に追いつかれない速さで
2016年6月4日公開

走れ、絶望に追いつかれない速さで

TOKYO SUNRISE

832016年6月4日公開

sat********

3.0

ネタバレごはん

あの宿のおじいちゃんは、 主人公の親友の自殺を止められなかったことが 心に残ってて、 悪い予感がして崖に見に行ったのかな。 生きろよ、って思いから 前に食べさせそこなったごちそうを 朝っぱらから(?)牛鍋すきを 作ってくれたのかな。 でも、あり合わせの具だから 鍋からはみ出てたのは 煮しめの具みたいなぜんまいと細いタケノコ。 個人的に、郷愁を感じてそこで泣けた。 ばあちゃんが作ってくれた煮しめを思い出した。 日本海はいつも 鈍い暗い不安の象徴みたいに映し出されるけど、 最後に親友が見た地元の海は 太陽と共に赤くギラギラしてて 生命力を感じさせるようなものだった のかな。 あの絵は、昔の記憶をたどったもの じゃなくて そのとき見たもの だとしたら それでもつなぎ止められなかったのかな なに考えてたのかな ふたりが同居してた頃 二段ベッドの上で書いてた 元カノの絵 途中で時系列がよくわからなくなって あの絵どこ行ったんだろう? って思ってたけど、 太陽の絵が 元カノの絵に上書きされたものだったら いいな、と思った。

閲覧数1,370