2016年9月10日公開

超高速!参勤交代 リターンズ

1192016年9月10日公開
超高速!参勤交代 リターンズ
3.8

/ 3,365

35%
29%
21%
7%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(342件)


  • alf********

    3.0

    2016年の日本映画

    2022/06/20(月)

  • tak********

    4.0

    二番煎じも

    大体シリーズ物の2回目というのは駄作や1で使った笑い処が同じように 出てきますが、この作品は二回目も面白かった。 やはり、演出がよいからでしょうか

  • hrh********

    3.0

    面白いんだけど

    戦闘シーンはもっと短くていい。 序盤の上地さんのアクションシーンとか、ドリルみたいな矢が胸に刺さるシーンも、なくていい。 話の雰囲気は好き。

  • izq********

    2.0

    ネタバレ敵味方の男気が気持ちいい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hokahokamokomoko

    4.0

    軽快なリターンズ

    参勤交代のため江戸への訪問を成功させその帰路の途中にあった湯長谷藩の藩主内藤政醇とその家来たちが再び騒動に巻き込まれてゆく姿を描く時代劇。老中信祝の策にかかりとんでもない事になってゆく湯長谷藩。突っ走っていた前作。その続編として物語が十分に練り込まれており軽快に弾けている時代劇。

  • oir********

    1.0

    期待しなければ腹も立たず気楽に見れるかも

    経験的に江戸時代コメディ物は滑り確実、どんな滑り具合か物見見物。 結果は全編表層的でありながらブヨブヨ締まりがなく、かといって笑える場面もない。 しかし、期待がなかった分怒りが生じることもなく、気楽に息抜き視聴できたという点ではポジティブでもあったという珍しい作品。 ただ、ストーリーが最初呑み込めない箇所があり、もう一度その部分を見直しても分からず、ウィキの助けを借りたら前作の続きだったんだね。だからリターンズなわけだ。 でも続編が作られたということは前作はそこそこヒットしたわけであり、もし本作同様の雰囲気でありながら多くの観客に支持されたということならそれも結構な事。 個人的総評は一つ星 ビジュアル的に女優陣の凛としたたたずまいは良かったですね。深田恭子は勿論として意外にベテラン富田靖子の勝気な武士の妻という役柄にもオッ!となりいいめっけものでしたね。

  • oo********

    1.0

    何故2作目を?

    面白くない

  • 週末社長ゆず

    1.0

    アクションもワイヤが見える

    退屈なストーリー アクションもワイヤが見えるほどに 吊るされてる感満載!

  • 鴉野 兄貴

    4.0

    一部のレビュアーさんは何を見ているのか

    【注意。映画内容ではありません。殺陣師さんの仕事についてです】  殺陣が悪いと言ってるろうに剣心を出してくる方は何を見ているのか。本物の武術を見せると言って全然ウケない空手映画撮っていた時代に魅せるアクションを出してきた李小龍的な対比のつもりと愚考しますが、本作の剣技はよくできたものです。アクロバットやパルクール主軸の「逃げる」剣と考えたら確かにおっしゃっていることも理解できますが、本作の剣は攻めています。まあ映画なので多少の馬鹿馬鹿しさや拙さはありますがコメディを盛り上げてくれる範囲に収まっているかと。  本作の登場人物が多用する逆手持ち替えの多用は剣線を動かし敵の守りをすり抜ける技とし身体技法研究家甲野氏の動画でも紹介されていますが、二刀流は武術経験者を名乗る方でも恥ずかしいことに「使えない」とする方が幾ばくかいらっしゃいます。  しかし41:03に至るまでの動きを見てください。敵の剣を奪い、抜刀と格闘で制圧しつつ敵の武器を用いて動きを封じつつ左右の抜刀を用いて敵を制圧し、さらにその武器を躊躇なく味方に投げ渡してしまうのです。  武士にとって武器を預けるということは命を預けることであり、殿様は自ら手を下すことも厭わず(家中ですらなく身分卑しい敵にすら対等に接する度量がある)、家臣を信頼していること、家中の者は武器を持たずに走って移動しているという前作設定をちゃんと踏襲している素晴らしい演出だと感じいる次第です。  さらに家中のメンバーも正しく武器は素手の延長とした動きをし、無手の動きと剣の動きに違和感ありません。むしろ剣を正しく棒として扱い手を伸ばす動きです。二刀は正しく腕を伸ばすために用い、状況に応じて左右の腕で刀一本を使えるよう訓練した上で手脚をからめ取り投げ極めを行う過程で組討を踏まえて左右の剣を等しく用いるべしと愚考している私には目を見張るワイヤーアクロバットに頼らずに一瞬で魅せる役者さんのアクションに喝采した次第です。  自分の想像していた内容や期待に沿わなかったからと言って本作で他作品のレビューをするのはどうかと思われます。

  • 宮崎是彰

    3.0

    なかなか見応えがあります。

    なかなか見応えのある作品です。 前作の敵が新たな作戦で主人公たちを苦しめます。前作からさらに仲間との絆が試されている感じです。前作よりさらに戦闘シーンに力が入っています。しかし、知恵や勇気という面は少々劣っているかもしれません。敵味方がはっきりしている分、見やすくはあります。 前作とセットで見る前提の作品です。其なりにオススメ出来るのですが、前作みている前提なのでちょっと注意が必要です。

  • cya********

    2.0

    参勤交代じゃなくてもいいじゃないかな内容

    面白くないわけじゃないけど、参勤交代じゃなくてもいいじゃないかって内容になってる。

  • yuk********

    5.0

    これ大好き

    佐々木蔵之介最高!

  • Tamagoya7

    1.0

    松竹のいつものパターン

    前作の処置が、話の最初でリセット。 また松竹パターンお得意の二番煎じ、同じメンバーのpart2かとうんざりしました。 案の定、同じメンバーの刷り直し。 参勤交代したくて藩の設定だけど、途中から七人の侍? コミカルがしたいのか、一方では容赦なく敵役は斬られまくり。 またウケれば、起承転結同じパターンで延々とやるんだろうなぁという映画。

  • hok********

    4.0

    ネタバレ藩の更なる底力

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • rat********

    5.0

    傑作!時代劇のニューウェーブ!

    何年ぶりだろう?居ても立ってもいられなくなって、レンタルで借りてきちゃいました。 先週の日曜日、BSで前作を見たんですが、いやー、面白かった!来週が楽しみと思ってたんだけど、日曜がちょっと用アリになったので、レンタルした次第です。 前作は五日で江戸に行く話だったのが、今度は二日で帰らなきゃならない。 一揆がおこるは、城は奪われるは、今回は前作以上にしっちゃかめっちゃか! 内容も、より時代劇っぽいものなんだけど、そこに笑いをふんだんに盛り込んでる。 オマケに、手に汗握る怒濤の展開はホンッと見ごたえ満載。それでいて、時代劇の定番、勧善懲悪は健在で、観賞後に清々しい満足感に包まれました。 皆の活躍シーンは、前作以上に魅力があふれでてます。 笑いあり、泪あり、出来すぎ感も満載ではありますが、カッコいいったりゃありゃしない、最高に興奮する時代劇の一本でした! 2作合わせて、楽しませてもらいました。

  • tat********

    4.0

    もはや参勤交代ではない。心に染み入る作品

    参勤交代がメインではない。 前作はコメディーであったが、本作は明確なメッセージがある。お笑いも散りばめられているが別物と考えた方が良い。 人間の嫉妬・復讐心を描いた内容。権力を武器に自分の思い通り・・個人的な復讐心・・・に事を運ぶ。今の人にも通じるものがある。一方、藩を収める大名は、広い心で、常に民を案じている・・・そんな心が、今、必要とされている・・・そんなメッセージを送る映画である。立場を変えれば、家庭では親と子供、会社であれば上司と部下、他いろんな関係があるが、上の者は下の者のことを考え、思いやりを持って接する必要があり、結果、下の者からも信頼され事がうまく運ぶ。 映像、音楽、共に特筆すべき事はないが、自然豊かな光景、貧しいながらも子供達の笑顔はは心を和ませる。 陣内孝則・・特別出演とあるがなぜだろう・・

  • Тунгуска

    2.0

    ネタバレ続きものですが

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • taf********

    3.0

    お馴染みの邦画って感じ。

    内容はいいと思う。 庶民派の殿様が民のために立ち上がる。 民を苦しめる柳生一族に立ち向かうラストの展開など胸が熱くなります。 でも、カメラワークがしょぼい。 しょぼいと言うか ほんとに誰でもわかりやすく見せるように基本的なんだろうな。 黒澤明がいかにすごかったのかがわかります。 黒澤から学び、モノマネでもいいから あれだけの映像で撮って欲しい。 信長コンツェルンとか 本能寺ホテルとか 他にもよくある時代劇と なんだ代わり映えしない。 まぁでも 色んな映画を見て 目が肥えてる人ではなく ほんとに一般的な人をターゲットにしてるからこういう感じで撮るんでしょうね。 別に悪いことではないと思うんですが 映画好きも唸らすようなシーンを入れて欲しいな。 小生もそんなに偉そうに言えるほど映画を見ているわけではありませんが、 どれも代わり映えしないとちょっと。 山田洋次や黒澤のような撮り方をしたら怒られるんですかね? なんか妙に引きのカットが多くて迫力や臨場感にかける。ドアップやあおりや俯瞰もないし、すごく単調。 チャンバラシーンも引きでずっと撮るので舞台みたい。 うおー、おもしれぇって思うような絵として見せるシーンがない。 予算的にも撮影期間的にもこだわってる場合じゃないのかな。 しょーがないか。。。 しょーがないけど、こんなこと続けててもしょーがないしなぁ。

  • rak********

    3.0

    ゲームをプレイするような。。。

    ゲームをクリアしても何周も 続けてプレイする人がいますが、 この映画もそれに似た面白みが あるのかと思いました。 慣れていて早くなるのとは別に 1周目では気付かなかった 新たな発見があったりして。

  • aal********

    2.0

    ネタバレ1作目よりはまだマシ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/18 ページ中