ここから本文です

好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~ (2016)

監督
柳沢テツヤ
  • みたいムービー 54
  • みたログ 310

3.78 / 評価:278件

ダイジェストを観せられたのかな・・?

  • sak***** さん
  • 2017年1月12日 3時44分
  • 閲覧数 1144
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作も観ていないし、ハニーワークスについても全く知識ない状態での鑑賞でした。感想としては、タイトルの通りで、もう少しきちんと作り込まれたアニメのストーリーがわかる程度のダイジェストを早送りで観た感じ。
一応物語や世界観はわかったけど、これ映画館料金で観せるような代物じゃないでしょ・・というのが本音。

深い心理描写が全然無く、主人公に感情移入できない。
現実では何の理由もなく突然人をいいなと思うことや、気づいたら好きだったとうことはよくあると思いますが、この話においては、
主人公が先輩を好きになるきっかけ、ドンドンハマっていく心理描写などが下手すぎて先輩の魅力が伝わりません。
見かけるたびに手を振ってくるそれにドキッとするのを繰り返すそれだけという感じ。
先輩との仲を邪魔してくる女の子という、ストーリーを盛り上げるのにぴったりなキャラも全く生かし切れておらず、邪魔した理由や主人公がその子とのわだかまりを解くような描写も殆どないままたまたま一緒にご飯を食べて仲良くなるという意味不明さ。
普通あんな邪魔行為をされ続けたら、優しくできないのが普通だと思います。
(この辺は前作やハニーワークスに詳しい方にはきちんと理解できるのかもしれませんが、あくまで初見での印象です)

ラストも非常にスッキリしないものでした。
物語の主軸であったはずの、主人公の片思いも結局はっきりと思いを伝えないまま自己完結で諦めるという。。まあリアリティがあるといえばありますが。
幼馴染との未来を感じさせるエンドでしたが、完全に眼中になさそうだった幼馴染とくっつけるなら途中途中もっと主人公が幼馴染と先輩で気持ちが揺れたりする描写がないと、結局言い寄って来た方に逃げた感が半端ないです。

また、一番嫌だったのは最初のシーンです。宣伝でも見かけたフレーズで、出会いは最悪の部分ですが、主人公が言えた義理じゃないですよねw
自分のせいですっ転んだ人がいるのにブチ切れて、出会いは最悪なのに好きになっちゃったって、、素敵な思い出なのはあなただけっていう。
手紙でも『先輩なのに』怒ってしまった下りを謝罪してたけど、謝罪するとこそこじゃないでしょう。。同い年や年下なら理不尽にブチ切れてもいいの・・?
とにかく主人公の性格がこの時点で絶対なしでした。

君の名は。のような青春感や綺麗なアニメーションを求めてる方がもし観たら、何じゃこれ・・・?となること間違いなしかと思います。
本音は星1という評価ですが、入場者特典の劇中の手紙現物がユニークで、こういうのファンからしたら嬉しいし良いアイディアだなと思ったので、星2にしました。
辛辣で申し訳ありませんが、知識なし初見の正直な感想でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ