ここから本文です

好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~ (2016)

監督
柳沢テツヤ
  • みたいムービー 54
  • みたログ 310

3.78 / 評価:278件

う~ん、青春だな~♪

  • ibukulo- さん
  • 2017年1月24日 1時50分
  • 閲覧数 762
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

典型的な学園もののラブコメ映画。

なわけなので、今までにどこかの漫画で見てきたような展開が普通に繰り広げられる。

普通じゃなかったのは、うまくいく人より失恋する人の方が多いってところ(^^;)
でも、それによって映画の雰囲気が暗くなるってことはない。



んで、オッサンがなんでこんな映画観たのかというと、TOHOシネマズの1ヶ月フリーパスをゲットしたものの、思ったより上映作品の改変が少なく、他の映画はすべて観尽してしまったからでしたw

でもねー、ありがちな話ではあるけれど、演出は悪くなかったので、映画としては最初から最後まで楽しく、そして、時には切なく観る事が出来たよ。当たりだったね。


この映画を観て一番思ったのは、「若いっていいね~」だw
もしかすると、ワシにもこんな時期があったのかもしれないけど、もう、40年も前の話なのですっかり忘れたwww
逆に、現在、青春真っ只中な人は、観るとかなり共感を得られるんじゃないかと想像する。
特に、なかなか気持ちを伝えられないってところなんか、青春そのものだから、観てる若い人にも覚えがあるんじゃないかと思うよ。心理描写が非常に細かいので、登場人物に感情移入しやすいのも良い演出だと思った。

それに、さらっとだけど、昔いじめられてたのを助けてくれたことを有難く思ってる子がいたり、チャラ男っぽい男の子の本質がチラッと見えたりって描写もあったりとか、色々と隅々まで気を配っている丁寧な脚本も好感が持てたね。



面白かったのは、映画に行こうと誘うシーンで、手に持っている映画のチケットが映るんだけど、それが「心が叫びたがっているんだ。」のチケットだったこと。
うーん、いい趣味だ。


なお、エンドロールでバックに映るカットと、エンドロール後のおまけ映像がかなり重要なので、最後までキッチリ観てから席を立ちましょう。

あと、始まる前の予告編が全部アニメだったことで、「予告編って、時期によってだけじゃなく、上映する作品によっても変えてるのね」って初めて気づいたよ。
(同じ日にもう一本同じ映画館で観たけど、全然違う予告編が流れた)



ちょっと驚いたのは、ロードショー公開からもう随分日にちが経ってるのに、入場者プレゼントにA4のクリアファイルをもらえたこと。映画館独自のプレゼントだったのかもしれないけど(TOHOシネマズ錦糸町)、ファンの人で欲しい人は問い合わせてみるといいと思う。
ただ、アニメの絵、それも主人公の女の子がそのままプリントされてるので、男性が使うのにはかなり勇気がいるけどねw

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ