ここから本文です

教授のおかしな妄想殺人 (2015)

IRRATIONAL MAN

監督
ウディ・アレン
  • みたいムービー 392
  • みたログ 1,255

3.08 / 評価:701件

現実は本質を凌駕する

  • TとM さん
  • 2019年10月14日 15時02分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

「教授のおかしな妄想殺人」という邦題がつけられているが、原題は「Irrational man」直訳すると「不合理な男」だ。
主演のホアキン・フェニックスが哲学教授であることを考慮すると、この映画は「生の哲学」を扱ったものなのだろう。

察するにエイブは「生の哲学」そのものだ。理性によって定義できない「不合理さ」が彼を支配している。「智」を愛する哲学者でありながら、思考によって捉えることの出来ない「不合理な生」に翻弄される悲哀。

そんな彼に恋をするのがエマ・ストーン演じるジルだ。ジルは哲学史になぞらえるなら「実存主義」にあたる。本質よりも現実の存在を優位とする考え方だ。

そもそも哲学とは、人間にだけ許された「己の存在を考える」学問だ。学校で習わなくても、普段あまり内省的にならなくても、誰もが一度は考えることじゃなかろうか。
「自分は何のために生まれてきたのだろう」と。

仕事としてそんな命題に打ち込むうちに「不合理さ」に捕らわれ、生きる意味を感じられないエイブ。そんな彼に繊細さと純粋さを感じ、夢中になってしまうジルには共感できる。
難解なことを考えている悩める男は魅力的だ。少なくとも若い時は、同世代の男はなんだかガキっぽく物足りなく感じるし。

ジルは現実的だからこそエイブの浮世離れした魅力に傾倒し、エイブは現実の中に「生きる意味」を見出だせたからこそ活気を取り戻す。
そのすれ違いが何とも皮肉。

ストーリーの他にも、ホアキンの徹底した役作りは素晴らしい。生に懐疑的で希死願望のある役どころを、観るものを惹き付けるリアリズムで演じている。
対するエマも夢見る少女を魅力たっぷりに演じていて、24通りもの衣装を見事に着こなしている。そんなにパターンがあるのに、3回も着ている衣装(白のミニワンピ)があるのだが、あれはどんな意味があるのだろう?
ものすごく可愛らしくて、ふわふわした乙女チックな服だから、ウッディ・アレンが気に入ったのだろうか?
エンディングのマニッシュで大人びたなファッションと絡めると、「少女」らしさが一番出ていたから、なのかもしれない。

「生の哲学」が哲学という学問の中でどんな位置づけなのか?それを知るとなかなかに良くできたエンディングだ。
私はあまりウッディ・アレン推しじゃないが、テーマ的には楽しめた。
あまりにも邦題が内容とあってなさすぎて、ちょっと肩透かしなのが残念。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ