ここから本文です

Viva!公務員 (2015)

QUO VADO?

監督
ジェンナーロ・ヌンツィアンテ
  • みたいムービー 28
  • みたログ 156

3.85 / 評価:110件

日本人には共感出来る!

  • fiv******** さん
  • 2020年9月12日 19時08分
  • 閲覧数 792
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

これは、日本ではウケる。

イタリアの労働条件はわからないが、解雇されないと言う理由で公務員になった主人公が突然リストラの対象になってしまう。

しかし、強制的に解雇出来ないから過酷な所に転勤させるなどの嫌がらせで退職を強要する。

日本は、民間企業でも簡単に解雇は出来ないからこの映画のような嫌がらせは社会人なら骨身に染みている。

だから、この主人公の嫌がらせに対する順応性はブラックユーモアとして自然に受け入れられるのではないだろうか。

そして、解雇が上手く進まず責任を取らされる上司に対して胸のすく思いになれる。

きっと日本人なら共感出来る作品である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ