ここから本文です

湯を沸かすほどの熱い愛 (2016)

監督
中野量太
  • みたいムービー 904
  • みたログ 7,209

3.95 / 評価:6000件

監督にどこか迷いがあるのでは

  • kako9121 さん
  • 2016年10月30日 18時09分
  • 閲覧数 7347
  • 役立ち度 191
    • 総合評価
    • ★★★★★

 是枝裕和監督や西川美和監督など、家族とは何かを見つめ、新しい家族像に焦点を当てる作品が最近では注目を集めています。
 中野量太作品は初めて拝見しました。

 是枝作品のように自然な演技や空気感、間合いを追求することでもなく、西川監督のように心象的映像的な女性的感性で迫るわけでもない気がします。

 リアルとファンタジーの中間的な演出で、ひたすら真面目に不器用に、しかも分かりやすいセリフや直接的な表現法で脚本を書く監督、という印象なんです。
 それが効果的かどうかといいますと、観客としての感想は「ついていけない」という気分なんです。

 演出法について、中野監督自身、徹底できずに、ひょっとしたらまだ迷っているところがあるのではないかという気がします。もともと映画が大好きで、いろんな映画監督作品を観て勉強して、知識は豊富でしょうけれど、まだ自分自身の表現方法を模索している段階で、映画つくりにどこか迷いがあるような気がするんです。

 たぶん将来的にはもっといい作品を作れるような人だと思いますし、今回の作品も決して悪い出来ではないと思うのですが、今はまだ試行錯誤なんじゃないでしょうか。
 次回に期待したいです。
  

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ