ここから本文です

湯を沸かすほどの熱い愛 (2016)

監督
中野量太
  • みたいムービー 648
  • みたログ 6,266

3.89 / 評価:5,361件

大洪水。

  • n19***** さん
  • 2016年10月3日 20時30分
  • 閲覧数 14675
  • 役立ち度 160
    • 総合評価
    • ★★★★★

泣けました。
こりゃ、泣けます。
全身水分不足です。

「湯を沸かすほどの熱い愛」。
聞き覚えのないタイトルです。

以前予告編を観ただけで号泣しそうになりました・・・・
クロックワークスさんというあまりご縁の無い
配給会社さんの作品ではありますが、とんでもない名作を
産み出してくれました。

ハンカチ、サングラス、(出来れば)マスクも必携なこの映画。
とにかく泣かされてしまいます。
ストーリーはもちろんのこと、皆さんの演技合戦に泣かされます。

特に杉咲花さんの病室でのクライマックスシーンは
嗚咽寸前の状況でした・・・・

母親、というより出演者達全員に人間としての
優しい部分をたくさん魅せて戴けますので
ストレスいっぱいの現代生活に疲れてしまっている方、
最近実家にも帰らず親孝行できていない方、
他人に冷たくしてばっかりの方など
多くの方に処方して頂きたいヒーリングムービーです。

この映画は自主製作映画『チチを撮りに』がベルリン国際映画祭など国内外で
大絶賛された中野量太監督の長編デビュー作です。
デビュー作でこんなに泣かせるなんて、たいした監督です。

そしてエンディングに
映画本編の余韻にかぶせてくる「きのこ帝国」さんの
「♪愛のゆくえ」。
泣くまい、泣くまいと我慢していたところで
なんとも切ないこの楽曲により、一気に「華厳の滝」状態となります(笑)。

末期ガン患者の悲しい話でありますが
メソメソせず(人に見せず)、前向いて愛をあちこちに残していく
前を向いた暖かい映画でした。

今も思い出すだけで、うるうると涙腺が緩んで参ります・・・・
スプラッシュマウンテン状態になりたい方、是非。

こういう暖かい、ほっこりとした感動作に是非とも
「日本アカデミー大賞」を受賞して頂きたいです。
直接的には違う部類の映画ですが、「舟を編む」を
観終った時のほっこり感に似ていました。

なので、日本アカデミー大賞狙えるかも知れませんね。
こういう映画が大ヒットして、日本国民が皆
優しくなりますように(笑)!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 勇敢
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ