ここから本文です

死霊館 エンフィールド事件 (2016)

THE CONJURING 2

監督
ジェームズ・ワン
  • みたいムービー 221
  • みたログ 1,183

3.96 / 評価:950件

「貞子」より怖い、「シスター」(@_@)

  • コトホギ さん
  • 2019年6月3日 9時46分
  • 閲覧数 319
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

前作に続き、本作も鑑賞♪
参考までに、概要を説明すると…

主軸となるのは、以下の「夫婦」
●ロレイン・ウォーレン(ヴェラ・ファーミガ)
●エド・ウォーレン(パトリック・ウィルソン)

冒頭は、「心霊学者」である2人が
「イカサマ師」扱いされる事となった
「ラッツ一家」のエピソードが、あった後
本編の「エンフィールド事件」へ

英国の「エンフィールド」で暮らしていた
「ポジソン家」(次女=ジャネットに
ある日、異変が現れ…と、まぁ、こんな展開

今作の見所は、表題にも、掲げた通り
「貞子」よりも怖い「シスター」(^_^.)
序盤の登場の仕方も、さることながら
エドが、描いた「絵」が、怖すぎ!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

あんな「怖い絵」、描くなよ~(T_T)
しかも、その後、壁に、飾ってるし!Σ( ̄□ ̄;)
あんなの、出でくれと、言わんばかりじゃん!
実際、出て来ていたし…(@_@)

ちなみに、本作も、前作同様
「実話」という触れ込みでは、あるけれど
多分、この「シスター」は、脚色なのよね?

この辺は、上手く、絡めてあって、良かったけれど
そのせいで、ちょっと、長かったのが、難点!
前作の様に、エンディング入れて
2時間位だったら、もっと、良かったかと。

それでも、最後まで、飽きずに、鑑賞できたので
評価は、前作同様、満点に♪(*^_^*)
前作も、少し前に、レビューを投稿済みなので
宜しければ、参考にしてください。(・▽・)ノ

〈余談〉
本作で、動くイスや、テレビの砂嵐を見て
「ポルターガイスト」を、彷彿としたのだけれど
上記↑は、この事件に、インスパイアされたのかしらね?(@_@)

「ポルターガイスト」では、イスが、動くだけでなく
有り得ない形態になっていますので
気になった方は、合わせて、どうぞ♪(^_^.)

こちらも、2015年の11月に、レビュー済みなので
宜しければ、参考にしてください。m(_ _)m

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ