レビュー一覧に戻る
だれかの木琴
2016年9月10日公開

だれかの木琴

1122016年9月10日公開

es_********

2.0

難しかった

池松君の出演作ということで鑑賞。 正直、何を言いたいのかよくわからない作品でした。 登場人物がみんな、異常と正常のボーダーラインにいる感じで 一線を越えてしまえば楽になれるのに こちら側でいつまでもうじうじしてるみたいな。 飛び越えて狂ってしまえば、それはそれで面白かったのかもしれないなと。 そういう展開も見てみたかった。 小夜子がどうしてストーカーちっくなことをしてしまうのか 理由につながる伏線がどこかにあったのかな?? それがわかれば見方が変わるかも。 とりあえず池松君はよかったです。 おしゃれ美容師でした!!

閲覧数416