ここから本文です

だれかの木琴 (2016)

監督
東陽一
  • みたいムービー 110
  • みたログ 421

2.92 / 評価:318件

解説

平凡な主婦がストーカーと化す姿を通して女性が抱く飢餓感や疎外感、それに向き合う男性たちの姿を、常盤貴子と池松壮亮らの共演で描くヒューマンドラマ。美容師からの営業メールをきっかけに若い男に執着する主婦と、彼女の狂気に巻き込まれていく家族や周囲の人々を映し出す。原作は直木賞作家・井上荒野の小説。監督を『もう頬づえはつかない』『わたしのグランパ』などの東陽一が務め、勝村政信と佐津川愛美らが共演。女性の内面に鋭く切り込み、エロスを表現する東監督の演出手腕に期待が高まる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

主婦の小夜子(常盤貴子)は、夫の光太郎(勝村政信)と娘と共に東京郊外に引っ越し、初めて訪れた美容院で髪を切る。帰宅後、小夜子を担当した美容師の海斗(池松壮亮)から営業メールが届くが、返信した小夜子に自分でも理解しがたい感情が湧いてくる。小夜子は海斗に執着し始め、エスカレートしていく行動は海斗や光太郎、娘、海斗の恋人・唯(佐津川愛美)までも巻き込んでいき……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ