2016年7月30日公開

ロング・トレイル!

A WALK IN THE WOODS

PG121042016年7月30日公開
ロング・トレイル!
3.4

/ 240

14%
28%
44%
10%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

60歳を過ぎ故郷での平穏な日々に物足りなさを感じていた作家のビル(ロバート・レッドフォード)は、ふと約3,500キロ続くアメリカの自然歩道「アパラチアン・トレイル」の踏破を考える。旅の相棒に酒好きで型破りな旧友カッツ(ニック・ノルティ)が名乗りを上げ、 旅がスタートする。ところが体力の衰えや、自然の猛威という現実に直面し……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(38件)

楽しい24.1%コミカル16.9%笑える15.7%かっこいい8.4%勇敢6.0%

  • モナリザパーキング

    3.0

    ほのぼの勇気を貰える旅映画

    ロングトレイル! ニューハンプシャー州ハノーヴァー(自宅)ジョージア州(トレイルスタート) 元人気旅作家の主人公ビルが、歳を取り、物足りない生活の奮起で過去にイザコザがあった旧友とコンタクトを取りアメリカ三大トレイルの一つアパラチアトレイルに挑戦していく親父 かっちゃん奮闘ロードムービー! ◉76E点。 気持ち(心)が良くなり、ほっこりする映画でした。 ★彡私も出来るだけ挑戦する人生にしたいと思いました。思い込んだらまた観たい映画でした。 ほのぼの勇気をもらえる旅映画! ◉見所5まとめ! 1️⃣3500キロ制覇できるのか? 2️⃣ロードムービーならでは景色や風景! 3️⃣大きな事故や事件に遭遇せず制覇の願い! 4️⃣喧嘩しないで完走してほしい願い。 5️⃣ラストの二人の気持ちを知りたい! ◉調べました3500キロ!とは! 基本自分テントで生活。 半年から一年かけて歩く! アメリカの州を14箇所跨ぐ ※沖縄の端から直線で北海道を結んだ距離くらいらしいです。

  • goo********

    3.0

    物語そのものよりも

    ロングトレイルと辛うじて言える経験は4泊5日の奥黒部・雲ノ平周遊くらいの者ですが、アメリカはスケールが違いますね(@o@) 私は人工物の殆ど無いor無い山岳トレイルのほうが好みですが、現代人がこれだけの距離を歩き切ろうとすれば、“文明”のあるところを挟まないと肉体的/フィジカル的に無理ゲーなのも分かりました。 日本の有名山岳幕営地でも居ますよね。夜中まで周りの迷惑顧みず騒ぐバカ^^;; 二人の遭難現場がセット&合成モロ分かりなのが(;∀;) 物語そのものよりも、個人的にはフィジカルパフォーマンスの全盛期をとうに過ぎた二人が、最後までトレッキングポールをザックにつけっぱで一度も使わなかったのが気になって仕方ありませんでした。 使っていれば川でコケてズブ濡れになることも、崖に落ちて遭難することもなかったかも?それじゃ映画にならないか^^;;

  • つとみ

    4.0

    ほっこりおじいちゃんロードムービー

    ロバート・レッドフォード演じる、もう40年新作を書いていない紀行文作家ブライソンが、ニック・ノルティ演じる旧友カッツと共にアパラチアン・トレイルの踏破を目指すロードムービー。 道中の美しい景色が、ある意味一番の見所かもしれない。とくにクライマックスシーンは、どこだかわからないが息を飲む光景だ。 老いたとはいえ、清廉で寡黙系のレッドフォードと、ワイルドでガサツ系のニック・ノルティではなんだかシナジー低そうだなと心配していた。 そんなイメージを巧みに利用し、序盤はまさに、この先大丈夫か?と不安にさせ、久しぶりとはいえ元々友人であったことさえ疑問に思うほどのチグハグさで笑いを狙ってくる。 それが次第に普通の友人へ、そして終いには長く共に過ごした親友にしか見えなくなるのだから、アパラチアン・トレイルの景観の効果は絶大だ。 ブライソンとカッツは今まで積み重ねてきたものに物足りなさを覚えこの旅を始めることになる。 その中で新たな何かを掴もうと試みるが、老いという現実がそれを許さない。 そして、身の危険が迫ったときに振り返り、ここまで積み上げてきた人生は、良いことも悪いことも含めて無意味ではなく、自分にとって価値ある暖かさのあるものだと気付く。 それはブライソンとカッツの友情にも同じことが言える。 最高に面白いとは言えないけれど、暖かくクスリと笑えて美しい、冒険おじいちゃん映画でした。

  • chi********

    4.0

    やっぱりほっとするな

    さわりはこうです。 おじさん,むしろ初老のじーさんは,知り合いがあの世にいきはじめたこともあり,なんとなく人生の疲れみたいなものを感じています。 そんな頃,自分の家の近くにトレイル(日本でいうところの山道?遊歩道?鯖街道?? アメリカのは山や里を貫く桁外れに長いほぼ自然の道)が通っていることを知り,なんとなく走破してみたくなります。 彼のことを愛している家族からはまあ反対にあうんですけど,なんとか挑戦することに。奥さんの反対の仕方が怖い資料を印刷するとか挑戦の手助けにもなるような感じが微笑ましいです。 でも一人じゃだめってことでパートナーを探すんですが,何とか見つかったのが青春時代の友人の一人。向こうから連絡してきます。悪友だったんでしょう,まじめな奥さんはダメだししますが付き合ってくれるのは彼しかいそうにありません。 この友人,とても大きく汚くて,まるでくまのじーさんみたいです。 と見た目も性格も正反対な二人が,でも人生の一番楽しい時を共に過ごしたじーさん二人が,結構きっつい旅にでるというお話です。 最後に,「なにかをやりきる」とか,「偉大なる自然」とか,「トレイル万歳」とか,そういう類の話ではありません。どちらかというとメーテルリンクの青い鳥のお話です。 中高年で「なんかつまらん」と思っている人には,じわっと来ると思いますよ。 周りの人を愛していればなおのこと。

  • jam

    3.0

    STAY JOURNEY

    劇中に流れる音楽が 今まで見た映画で一番です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ロング・トレイル!

原題
A WALK IN THE WOODS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日