ここから本文です

怒り (2016)

監督
李相日
  • みたいムービー 1,805
  • みたログ 1.6万

4.00 / 評価:14,048件

圧倒的な絶望感と仄かな希望

  • gog***** さん
  • 2019年4月25日 18時27分
  • 閲覧数 1332
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

三者三様の人間模様が描かれる中、このまま誰も救われることなく終わるのか、という不安が脳裏をよぎる。いつのまにか、冒頭の事件の犯人探しが、自分の中では二の次になった。
怒りからは何の救済も得られない。裏切られることはあっても、信じることでしか人を救い、自分を救うことができない。そんな救済を実感したことのない人間には、信じることは、同情や哀れみとしか受け取れないのだろうか。当たり前が当たり前でない。常軌を逸する事件はこうやって起きるのだろう。これだけの行間を演じ切った俳優陣の演技力(叔母役の池脇千鶴含め)が光る。広瀬すずにはもう少し頑張って欲しかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ