ここから本文です

怒り (2016)

監督
李相日
  • みたいムービー 1,842
  • みたログ 1.6万

4.00 / 評価:14629件

「監督が観客を弄んで面白いですか?」

  • wak***** さん
  • 2020年6月25日 1時58分
  • 閲覧数 1528
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

なぜ関係ない3つのストーリーを平行に並べて描いたかを考えてみると、一つの答えにたどり着く。
「観客を騙すため。3つのうちどれか一つが答え。あとはストーリーには関係ないんだけど犯人ぽくミスリードして、さてどれが答えでしょう?」
これは、クイズであり、映画ではない。
このクイズに2時間付き合わされることになる。
なぜ、犯人の顔を最初に見せない?
その答えはこの映画が、犯人をあてるクイズだから。
映画は監督の世界観の発露だと思うんだけど、この監督の世界観は観客を弄ぶことを優先順位の一位にしていることは、その演出から明白。
ゲイや沖縄に関しては、とってつけたような問題意識しか持ってないだろう。だったら描く必要はなかった。
小説が原作ということですが、未読です。でもこんな読者を煙に巻く手法で書かれたものなんでしょうか?

この監督に「怒り」を感じた2時間でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ