ここから本文です

キル・オア・ダイ ~究極のデス・ゲーム~ (2016)

MAFIYA: IGRA NA VYZHIVANIE

監督
サリク・アンドレアシアン
  • みたいムービー 1
  • みたログ 25

1.55 / 評価:20件

ロシア映画。

  • mr_******** さん
  • 2021年7月21日 21時05分
  • 閲覧数 32
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

最近、やたらとロシア映画に遭遇する。
「アトラクション 制圧」、「侵略」、「バトルロイヤル」、「ガーディアンズ」、「コスモボール」等々。
そしてこの「キル・オア・ダイ」もロシア映画だった。
それらを観た印象としては、CGは凄いが映画はつまらないということで共通している(笑)

この映画でもCGはかなり頑張っている。
舞台は2072年のロシアで、未来都市の造形などは結構気にいったりもしている。
しかしお話がつまらないので、無駄に金かけてるな~と思う。
未来のテレビ局でサバイバル・ゲームの実況が行われている。
「Mafia(マフィア)」という名前の番組。
11人の参加者が2名がマフィア役に、9名が善良な市民役に振り当てられてゲームが始まり、マフィア役を探し当てれば市民チームの勝ち、マフィア役が一人でも残ったらマフィアの勝ち。 賞金は10億ルーブルと高額。
皆でマフィア役と思われる者を指名し、一人ずつ抹殺していく。

抹殺される際は参加者それぞれがもっとも恐れる死に方をバーチャルで体験し、それをテレビ映像として流れるところが新しいというか悪趣味極まりないw
例えば飛行機事故を恐れている参加者が死ぬ時は自分が乗っている飛行機がバラバラになって死ぬ恐怖をたっぷり味わうことになる。
ゲームの内容をもっと面白くしたら、CG効果もあってそこそこの評価も期待できたと思うが、脚本がい加減なので参加者がテキトーに抹殺されていく感じがするのが残念!
特に一番最初に犠牲になったのが美人のマリアだったので、その後興味半減(笑)

そもそも「人狼ゲーム」のパクリじゃね?と思った方もいるだろうけど、「Mafia」というゲームは1986年にロシアで作られ、それを元に2001年にアメリカで「汝は人狼なりや?」というゲームが作られた。
日本の「人狼ゲーム」はアメリカのゲームを参考にしたそうです(wiki情報)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ