レビュー一覧に戻る
新エイリアン 最終繁殖

ang********

3.0

ネタバレ愛すべきE級の宇宙人ホラー物

いやもう(笑)B級とかC級ではなく、E級の宇宙人ホラー物。 以下、完全ネタバレかつ超絶自分勝手な解釈で、この愛すべき作品を解説しますよ! ヘリコプターで移動必須な、何も無い(本当に何も無い)荒地のド真ん中に、「矯正キャンプに連れて来られた悪ガキども」がやってくる。 ・キャンプのオーナー。肉体派で最初に死ぬ ・オーナーの奥さん。良い人で中盤に死ぬ ・夫婦の甥っこで主人公。高校生~大学生。賢く誠実で筋肉派。 で、連れて来られた悪ガキどもがもう、本当に「はよ死んでくれ」な面々。まあ、中でも突出して嫌なガキAが居て、そいつの自己中の行動のせいで、周りに迷惑が掛かり、エイリアンに殺される人が増えて行く。 序盤から、この悪ガキAが「いつ、どんな風に惨く死ぬか」を確認するのが視聴者の義務・楽しみと化してくる。 そして、「悪ガキの中でも二人ほど良い奴がいる。可愛い女の子とオタク眼鏡男子。そしてこの二人は最後まで生き残る」な親切設計。ストレス無し。 そして問題のエイリアン!!! 宇宙から、大きなボーリングの玉みたいのに卵のカタチでやってくるが、もうどっからどう見ても「あの、エイリアン」のパクリ。 が。 「あんまりそのまんまでも、問題有るかも」で、 ・四足にする。 ・でも犬タイプのエイリアンは、元祖エイリアンに出て来たので「ケンタウロスタイプのエイリアン」にする。 ・顔も一緒だが、頭をペッタンコにしておこう・・なトコに努力を感じる(笑) まだまだ有りますよ! ・外殻がエイリアンにそっくり過ぎるので、手足はギミックにしておこう。 そして、繁殖するんですが! 卵→幼虫→口から寄生だと、元祖エイリアンになってしまうので、 卵→幼虫→胸にしがみついて、チュウチュウする ・・な、何とも無駄な努力な「格差」を付ける制作陣。 で、エイリアンの胸から何やら金属製の筒が出て来て、人間の胸を貫通させる。 元祖では「口から棒が出て、ヒトの胸を貫通」なのが、 本作品では「胸から棒が出て、ヒトの胸を貫通」に。 で、ラスト前。 悪ガキAが「自分だけ助かろう」と、車に飛び乗り自分だけ逃げようとする。そこにケンタウロスエイリアンが追いつき(笑)まあ王道。 で、ラスト。主人公とエイリアンの死闘。 リブリーはエイリアンを宇宙に放り出すけど、本作品はそんな壮大なシーンは有りません。「ダイナマイトをエイリアンの胸の穴につっこむ」でEND そしてエンディング。 主人公、女の子、オタクの三人が佇む中、遠くから車の列が。 警察、どっから見ても政府の車、救急車、何やら装甲ちっくな車。 もう、ベタベタな王道・陳腐なエンディングが可愛い。安心して見ていられる。 遅かったですねえ。 エイリアンはダイナマイトで爆発して破片になってますよ!!! もう、愛すべきE級、いやZ級映画です。 大甘で★3。 良識ある映画好きが評価されたら、絶対に★1です。

閲覧数1,067