ここから本文です

全員、片想い (2016)

監督
伊藤秀裕
飯塚健
永田琴
宅間孝行
原桂之介
藤井道人
山岸聖太
  • みたいムービー 1,198
  • みたログ 1,072

3.13 / 評価:362件

全部続けて見なくてもいいです

  • cyborg_she_loves_me さん
  • 2021年5月7日 9時47分
  • 閲覧数 113
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ひとつひとつの物語がすべて、「それぐらい2~3日ありゃ忘れられるでしょ?」的レベルの割と小規模な失恋話なので、それを8つ続けて2時間見続けるのは退屈だと感じる人がいても不思議ではないです。
 でも逆に、そんなに見てるこっちまでつらくなるような重い話はひとつもなくて、自分の過去の失恋体験とか思い出してちょっとキュンてきていい気分で見終わるにはちょうどいい小話集ですから、夜寝る前にお酒とか飲みながら1話見ていい気分で眠るっていうぐらいのつもりで見るには最適な感じします。

 でまた俳優陣が超豪華っていうか好感度トップレベルの素敵な俳優さんたちばかりえりすぐってますから、どれひとつのエピソードとってもすごい気持ちよく見れますね~。

 あんまり気持ちよすぎて、最初は全編通して見た私は数箇所で気づいたら居眠りしてましたけど(笑)。
 でもそれは決して嫌な退屈さじゃなくて、見終わってから「居眠りしちゃったあのシーンもう1回見たいな~」って思えたし、飛ばし見したくなるような不愉快なエピソードはひとつもないし、全体にいい感じの映画でした。

 ただし、気づいた点。

 広瀬アリスさんの出てるやつ、暗い画面に青文字の字幕は視力良くない人には見づらいです。
 あと、片思いしてるのが1人を除いてみんな女性(そのうち1人はビミョーですが)なのはなんでだろう。

 私自身が男性だからか知りませんが、私の知ってる範囲では片思いしてる人の大半は男性なんですよね。女性は片思いしててもごく親しい人以外には打ち明けないから私が知らないだけなのかな? あるいは、片思いしてる女性の姿を見てキュンてくる女性(現実には両思いも片思いもしてない恋愛ロスな女性)が多いからこういう物語が歓迎される、って話かな?
 とにかくちょっと不思議に思いました。別に映画の出来・不出来とは何の関係もありませんが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ