ここから本文です

サイコパス 地下戦慄 (2015)

THE HOARDER

監督
マット・ウィン
  • みたいムービー 3
  • みたログ 80

2.17 / 評価:66件

タダなら観てもOK

  • lad******** さん
  • 2019年12月22日 11時22分
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

婚約者の浮気を疑うエラは友人のモリーをつれて、婚約者の貸倉庫に証拠を探しにいく。
難なく貸倉庫に入ったところで突然モリーが何者かに襲われ死亡。
慌てて逃げ出し、他の倉庫契約者達と共に脱出を試みるが…
と言うお話です。 

それなりに不気味だったり怖かったりはしますが、ホラーにしては淡々と進んでいく感じがし、可もなく不可もなくでした。
敗因は全登場人物の背景や動機が薄っぺらなことかなと。


ここからネタバレ全快。

最初の犠牲者モリー襲撃事件。
まず、モリーが襲われた理由が最後まで謎でした。
突如人間ではなさそうな何かに惨殺され、観客としてはここから、何々?ホラー?スリラー?サスペンス?タイトルはサイコパスだったけどさ!と引き込まれていくわけですが、結局最後まで襲われた理由は不明。というか、最後まで観ると襲撃者は襲うのではなく助けを求めるはずの立場だったわけで。
ここで引き込まれたのは確かだけど、納得いかないなー

刑事ヴィンス。
プリズンブレイクのティーバッグ役の印象が強すぎて悪人にしか見えない。
リーダーシップを取り皆を守ってくれる正義の味方と見せかけて、しっかり悪者でした。
どこで手に入れたのか、大金を貸倉庫に隠していました。脱出御一行を引き連れ、大金を手にしたところでそれが皆にバレて仲間割れをし、単独行動後殺されます。
ヤバい金なんだなって雰囲気はあるけど、そこは全く触れられることもなく。
結局バレてるし、その後一人逃げるつもりなら最初っからそうすればいいのに。
ヴィンスが殺された理由も不明。

諸悪の根元サイコパス。
貸倉庫の客を監禁してペット化するサイコ野郎なんだけど、今一つレクター博士のような恐怖感が足りない。
動機はまあそーゆうオカシイ奴なんだよで済ませるとしても、かなりの数の犠牲者がいるはずなのに、全く捜査の手が及ばないのも変だよなと思ってしまった。
勝手に会社の地下に犠牲者を監禁する場所を確保しちゃって誰にもバレてないのも不思議。
あれだけの犠牲者を飼ってるわけだから、食費とかもけっこう掛かると思うんだけど、その資金源は?

重箱のすみみたいなものがたくさんあって、ふーんって終わってしまった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ