レビュー一覧に戻る
エヴォリューション
2016年11月26日公開

エヴォリューション

EVOLUTION

PG12812016年11月26日公開

nn1********

4.0

一口寸評

監督は、あの変態監督ギャスパー・ノエの細君ですこぶる美人。 だが、彼女のシュールな感性は旦那に勝るとも劣らない。 いつの時代か、母親と思しき若い女性と少年たちだけが暮らす孤島があった。 ある深更、10歳の少年ニコラは女たちが海辺で行う奇妙な行為を目撃、その後彼自身も病院のような施設に幽閉される。 ニコラが施される異様な医療行為とは?そして、「エヴォリューション」(進化)の意味とは? 接写の多い、まるで悪夢の延長のような映像は、デヴィッド・リンチの初期作品などを連想させるが、それよりも現代的センスに満ちはるかに繊細である。 たまたま併映されていた10分ほどの短編『ネクター』(14)はさらにエロチック。 彼女の美質が凝縮されていて、こちらも4★。

閲覧数2,165