ここから本文です

白い帽子の女 (2015)

BY THE SEA

監督
アンジェリーナ・ジョリー・ピット
  • みたいムービー 79
  • みたログ 346

2.47 / 評価:246件

一度も白い帽子なんか被らんかったぞ

  • fg9***** さん
  • 2018年7月10日 10時00分
  • 閲覧数 1221
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

 …監督・主演をアンジェリーナ・ジョリーが勤め、ブラッド・ピットが共演とあったので観てみる。
 …あらすじは、横着をして、解説の次のとおりだけでいいいだろう。
 『1970年代、アメリカ人小説家ローランド(ブラッド・ピット)と妻ヴァネッサ(アンジェリーナ・ジョリー・ピット)は、バカンスで南仏を訪れ、海辺近くのリゾートホテルに滞在する。
 ある出来事によってお互いすれ違ったまま、夫は村のカフェに通い詰め、妻はホテルに引きこもっていた。
 そんなとき、ハネムーンで若い男女(メルヴィル・プポー、メラニー・ロラン)が隣室にやってきて……。』
 なんか、ローランドと妻ヴァネッサとの間には気怠いというか、険悪な雰囲気が漂っていて、ヴァネッサは時折何やらフラシュバックのようなものに襲われ、精神衰弱気味にも感じられるのだった。
 そんな妻を遠巻きにしながら、ローランドはなかなか進まない小説のプロットを考えながら、ホテルの近くのカフェでアルコールを浴び続けるのだった。
 そんな日常が淡々に描かれるだけなので聊か退屈だったが、大好きなメラニー・ロランが超ミニスカートで登場したので嬉しくなってくる。
 で、ヴァネッサは、ふとした偶然から隣の部屋を覗ける壁穴を見付け、罪悪感にかられながらも覗き見ることを止められなくなるのだった。
 隣は新婚さんなので、事あるごとに子作りに勤しみ、我らがロランちゃんは小ぶりのオッパイを垣間見せながらコトに励んじゃうので、そんなことに現を抜かしたらダメだってば~と言いたくなった。
 先ずは、これ見よがしな壁穴はホテルのクリーンキーパーが直ぐに気付いて修理するよな~、と身も蓋もないことばかりに頭がいったが、使い古された小細工の覗き見でも入れないことには、倦怠期の夫婦の話は何ら発展しないもんな~。
 で、ローランドも壁穴に気付いて二人で共に除くようになるのだった。
 で、どういう心境の変化が生まれたのか……新婚さんの仲睦まじさを妬ましく思ったのか……ヴァネッサが新婚さんの旦那を誘惑するのだった。
 その模様をローランドが壁穴から覗いていて気付き、隣の部屋に乗り込んで新婚さんの旦那をボッコボコに殴り倒すのだった。
 この場面が一番のピークといったストーリーの内容なので、ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーとメラニー・ロランが出ていなければ、退屈で退屈でオネムに陥りそうな話だった。
 解説の「ある出来事によってお互いすれ違ったまま」の理由が最後に明かされるが、散々引っ張っておきながら、何?それ?って感じの結末で、脱力感で身体がグニャグニャになりそうな作品だった。
 あっ、そうそう。
 ピークはもう2回ほどあったな。
 アンジーの割かし豊満なオッパイが2度ほど拝めたな。
 『サイボーグ2(1993)』以来のご披露?。
 ところで、原題は『BY THE SEA』なのに、邦題は何故か『白い帽子の女』だ。
 いつ白い帽子を被るのか注意して見ていたが、一度も白い帽子なんか被らんかったぞ。
 このチンプンカンプンの邦題も映画鑑賞の妨げになったので、観て損まではしないの2.4点といったところかな。

 (メモ 総レビュー数:3030件、2018年度215作品目)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ