レビュー一覧に戻る
がらくた
2016年5月21日公開

がらくた

- 2016年5月21日公開

tau********

5.0

ネタバレ純粋な心に泣けた

映画がらくた。名前から想像できないくらい素晴らしい映画だった。冒頭は東京でいかすかない男が家に上がり主人公が2万円を手にし家出をするシーン。母親が女であることを受け止めるのはとても酷だなあと思いつつ、どうやって距離を保てば良いのかわからず悩む隼人と放火の容疑をかけられたまま何も本当の事を打ち明けないみずき。一番感動したシーンは皆それぞれだと思うが転校してきた隼人が純粋な心であるが故に、みずきの無実を証明するために心を閉ざした旧友たちに真正面から向き合うところ。みんな信頼や未来が見えないまま悩んでいたはず。「俺はみずきがやっていないって半分も信じていない、いや10パーセントかも、でもわかるんだみずきの心が傷ついてることは100%わかる。もしヤツが犯人でも俺はあいつの味方でいたい」 こんなに思える仲間と出会えたら本当に素晴らしい。傷つきながらもやはり庇い、心を開き、最後に母親を守ると言ったセリフで泪がこぼれました。 これは親の立場である人も中高生も見て欲しい珠玉の映画です。宇多津から全国に飛び出して欲しいと願ってます

閲覧数400