ここから本文です

愛しすぎた男 37年の疑惑 (2014)

L'HOMME QU'ON AIMAIT TROP/IN THE NAME OF MY DAUGHTER

監督
アンドレ・テシネ
  • みたいムービー 1
  • みたログ 10

3.00 / 評価:6件

実話だった!

  • go0***** さん
  • 2017年7月9日 1時21分
  • 閲覧数 392
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ストーリーは解説通りです。父親が亡くなり母親と娘に財産が入ります。娘は、母親の所へ帰りますが母親の弁護士を好きになり関係を持つようになります。ところがこの弁護士がくせ者で、だんだん娘から離れていくし株を持っていた娘の株を現金化して自分の口座に移したりします。娘は弁護士が離れていくのに気づき1度自殺未遂をしてしまいます。それでも相変わらず冷たい弁護士に変わりません。娘は日記を書いていました。最後には、これで私の人生は終わりと…母親は弁護士を訴えますが無罪になります。数年後、後2人が訴えてようやく有罪になります。ただ、娘は行方不明のままです。純粋な娘が悪い男に引っかかってしまった内容です。観ていて切ないのと飽きがこない作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ