レビュー一覧に戻る
エル・クラン
2016年9月17日公開

エル・クラン

EL CLAN/THE CLAN

PG121102016年9月17日公開

ang********

3.0

ネタバレ吐き気を催す様な映画

これが実話って言うんですから、終わってますね・・・ アルゼンチンの、比較的裕福な一家の話。 父親が「身代金目的誘拐→殺害」を職業にしている。 息子達がそれを手伝う。 基本的には、妻や娘等の女性陣は「何も知らない事」になっている。拉致した被 害者は、地下室だの屋根裏部屋だの物置だのに居るんですがねえ。 いやもう、息をする様に気楽に誘拐する。 「息子の友人だから、バレると困るし」で息をする様に気楽に殺す。 貧しさの余り、家族に食べさせる為にパンを盗むのなら、解る。 裕福な暮らしを続ける為に誘拐し殺害するのは、もう完全に邪悪。 人のする事じゃあ無い。 軍事政権時代のせいか、警察もまともに捜査しない。 大佐とやらが「そろそろやばいぞ、バレるぞ」と父親に連絡して来る位。 多額の政治献金でもしているのやら。 何が醜悪って・・ 「お偉いさんの母親」を誘拐してしまい、ついに軍部だか警察だかが真面目に操作し、一家に家宅捜索が入る。 クズの父親、検事か軍か忘れたけど 「一家を守る為に、オマエが首謀者で家族は無理やり手伝わせた事にしろ」 と助言するものの、それを拒否する父。 クズ中のクズです。実話らしいです。 比較的良心的な長男、絶望して移送の途中で自死を試みる。 そんな姿を見ても、父親の心には何も響かない。 ※この、墜落自死シーンのCGが超絶リアルで凄かった 何か凄いって、ENDロールで「その後の家族」のクレジットが入るんですが 父親、刑務所内で弁護士資格を取り、出所後に弁護士として活躍(笑) なんかもう、終わってる。 「死んでも行きたくない国」が一つ増えましたよ。 映画としては面白かったです。 が、実話との事で余りにも醜悪、胸が悪くなるので大幅減点です。

閲覧数912