ここから本文です

エル・クラン (2015)

EL CLAN/THE CLAN

監督
パブロ・トラペロ
  • みたいムービー 98
  • みたログ 306

3.27 / 評価:210件

日本でも似た事件は多発、誘拐でないだけ

原題<el CLAN>
邦題「エル クラン」2014年アルゼンチン

CLANは 英語のCRIMEつまり誰かのように国会で嘘をついて
他者を攻撃するだけ言い逃れするだけみたいな大臣<犯罪>
のスペイン語かなと勘違いしていて調べたら<一族>
という意味で話の内容とも一致する。


1/ブッチオ家
2/身代金
3/次の仕事
4/友人の逮捕
5/マギラの帰国
6/不信感
7/逮捕
8/責任の所在

1982年~アルゼンチンで実際に発生した事件で独裁国家が終焉しても直ぐには立ち直らず家庭も父親が独裁で専制君主として
異論を封じ家族を従わせ犯罪に巻き込んだという恐ろしい出来事でもある。独裁国家だと家庭も家父長制のもと独裁的な支配下に置かれるというのは無理があるが仮に現実なら今の日本は
ヒトラーやスターリンも中国共産党も羨む凄まじい家庭のみ。

自分の都合でリーマンショック前になったり批判を浴びると
私は言ってないと発言して海外誌にも掲載され歌舞伎だとクソ塗れの酷い記事を書かれても反日だ売国奴だとか半島人だとか信者は決して騒がない。国難だ危機管理内閣だ責任内閣だという割に豪雨災害で多数の死者が出ても帰国せず国外逃亡ATM外交を継続し逃げ回っていたくせ、危機には緊急事態条項が必要だとか都合の良い事を垂れ流す
(別の所から別のを垂れ流したが汚いので此処では触れない)。
北朝鮮の危機を煽ってる割りにのんびりゴルフをする余裕は有るし
確かミサイル発射後もゴルフ場に立て篭もりゴルフ場危機管理内閣を
していた。

本編は倒叙法に近く主役である有名なラガーマンが拘束され
シーンがトップ近くにくるので結果的には逮捕されるというのが
分かる。他にもこの人が誘拐されるとか分かってしまう実在した事件を扱うから結末は知ってるだろうと言うのは無理が有り相当有名
な国内事件でもない限り知らない人が多数だ。
警察の内務局みたいな治安関係の部署に勤務する父親がその
テクニックを使う(独裁国家だったところだ容疑者を証拠も無く誘拐して殺害するなんて警察や軍隊が朝食前に行なうくらい日常的に行なわれていた)金持ちを誘拐して身代金を要求するのだが受取ったら解放すると言って全員殺害している悪党、それでいて金の使い道は説明していない息子に多少渡してスポーツ店を開店してるがそれ以外はそこまで
放蕩していない


アルゼンチンでこの当時はまだ知られてなかったのか
<誘拐されたり事件で人質になった場合の対処法>を
被害者が知らず(例えそれが理由とは言え親が金持ちだからと
誘拐殺人が肯定されて良い筈がない)被害者を尽く殺害する、
そして身代金だけは受取る。
(日本のドラマで年末年始にあってた都庁が乗っ取られ
お笑い芸人の人質が仕事があると騒いで即刻射殺されたがあれも
ギャグで銃が目の前に有り反抗しようとする奴はいないだろう、
テロリストが携帯型の対空ミサイルを発射して撃墜したり/つまり何処かで訓練を受けない限り簡単には出来ない未だに拳銃の片手撃ちで単発が日本では主流で当然だとか馬鹿げてる)

この映画で恐ろしいのは一度は主人公の弟は誘拐に耐え切れず
ニュージーランドに逃げるが結局は連れ戻されたり、主人公が
父親に反論し誘拐を止めると言っても独裁的な父親に
言いくるめられ従わされる。実際は知らないが映画では
妹が2人出演していてその二人が南米系の美人で
犯罪には全く加担はしてないが<誘拐犯殺人犯の家族>だ
日本ほど酷くないだろうが幸福な人生を送れたとは想像し難い。
妹達も被害者の叫び声とかを聞いて怯えてるが理由は当然教えない。


ラストは主人公アレハンドロが3階くらいから飛び降りても
未遂で失敗し無期懲役、結婚していたが妻を説得して離婚してる
2008年死去 49歳

次男マギラは懲役12年を求刑されたが国外逃亡 
2014年に時効を訴え勝訴

3男は無関係

妻のエピファニアは証拠不十分で釈放
(人質の食事を作っていた程度 加担ではある)

シルビア/長女は釈放されてる
(つまり無罪で実際何もやってない)52歳で死去

アドリアナ/次女は叔父夫妻に引き取られたのちに母と暮らした
(当時JC程度で無関係)

父親アルキメデスプッチオは無期懲役で最後まで無罪を主張
獄中で司法試験に合格し弁護士になった84才で死去してるが
遺体の引き取り手無し。(あの人も死んだら誰も死体を
引き取らないかもしれない我侭妻がするとは思えない)



こういった事実を最後に列挙するこれだと結末は
事実であるわけで映画の内容が多少事実と異なっても
<終わり良ければ全てよし>になり
途中経過に脚色がかなり加わっても許せる、
スペイン語ならネットで調べるのも殆ど不可能に近いし
アルゼンチンだと絶望的。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ