ここから本文です

東京喰種 トーキョーグール (2017)

監督
萩原健太郎
  • みたいムービー 885
  • みたログ 4,554

3.51 / 評価:3,677件

成功だと思いますが…

  • fwr***** さん
  • 2019年7月14日 11時39分
  • 閲覧数 1076
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

配役がどうとか原作がどうとか仰っている方がたくさんいらっしゃいますね…。確かに避けては通れない点だとは思いますが、私は原作も読んだ上で楽しめました。私もいくつか実写化なる作品を見てきました。ここまで原作の形が残っているのは結構稀な気がします。細部を見るともちろん違う点はありますが、辻褄はちゃんと合ってるし、セリフが違う程度です。2時間の枠にあれだけの忠実さを守ったのは素晴らしいです。配役だって私は成功していると考えます。正直グロテスクだったり気持ち悪いシーンが多くあります。いくら仕事とは言えど、若さや売りだけを目的に配置された見た目がいいだけのキャストでは多少なりとも抵抗があるでしょう。今回のキャストの皆さまは綺麗に見せようと取り繕うことなく、しっかり演じてくださいました。
文句を言っていらっしゃる方は一部、そもそも実写化に対し否定的になっている方がいると見受けられます。全否定し、肯定しようとしない。本当に全てだめだめでしたか?CGだってあれほどの完成度が今の最高では?この作品に限ったことではありません。技術を急速に進歩させるのは大変困難なはずです。私は不自然などとは思いませんでした。個人的な意見だと思いますのでまずひと段落つけることにしますね。

私はこの作品は大変良い出来だと思いますが、惜しいと思った点もありますのでいくつか書かせていただきます。
ひとつは、メリハリです。特に金木に関しては叫んだり、泣いたりしているシーンが多すぎです。金木は人間味あふれる、とても優しい青年です。頭も良く、原作ではその節々に聡明さがよく表れています。しかし、映画ではただの弱虫な男の子でした。彼の真摯さをあとほんの少しだけ表すことができればよかったなと思います。
二つ目は、メッセージ性についてです。この物語は「正義とはなにか」だけでなく、「偏見」「差別」「生きる意味」などが込められていると私は解釈しています。ですので、例えば、トーカが金木にケーキの味を聞くシーンで、金木が「最悪」と言ったことに対しトーカは「あたしらが最悪っていうことか」と言及するセリフを残した方がより本質が伝わったかと思います。所々重要だと思われるセリフが抜けていたと感じました。
三つ目は音楽です。音楽自体は素晴らしかったと思います。しかし、音楽とキャストのセリフの音量のバランスがあまり良くなく、セリフが聞き取れないところが多々ありました。大事なシーン、とくに終盤でこれは勿体ないです。

今更レビューを残しても…とは思いますが素直に思ったことを書かせていただきました。19日から始まる続編も楽しみにしています。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ