ここから本文です

東京喰種 トーキョーグール (2017)

監督
萩原健太郎
  • みたいムービー 882
  • みたログ 4,741

3.50 / 評価:3827件

実写版としては役者のおかげで上々か

  • izq***** さん
  • 2020年3月1日 19時32分
  • 閲覧数 1120
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

窪田正孝が迫真の演技。千眼美子が強過ぎ。蒼井優怖過ぎ。
原作知らんが、喰種と人間のゴールの見えない殺し合い。主人公が喰種側なので、喰種に悪だけでなく正義もある風なのが、感情移入できず、すっきりしない。どう考えてもハッピーエンドや解決につながらないような設定。原作のオチはどうなってんだ? あと設定が寄生獣とかぶりまくり。どっちがパクったのかは知らんが。
人を喰らう喰種がはびこる東京が舞台。主人公の大学生カネキは、密かに気になってた女性と仲良くなりデートをすることになるが、その女性は喰種リゼで、デートの夜にカネキは襲われてしまうが、喰われる前に間一髪工事現場からの落下物でリゼは死んでしまう。心臓をやられていたカネキは、運ばれた病院で、脳死したリゼの心臓を移植されてしまう。
カネキは喰種と人間の間の子になってしまい、人間を食べたい衝動に苦しむ中、喰種トーカに出会い、喰種の集まる喫茶店で働くこととなる。
そんな中、喰種狩りを計画する警察側の真戸と亜門に、喰種母娘の母親リョーカが殺される。人を襲わない喰種が人間に狩られてしまうことに葛藤するカネキは、トーカに喰種としての戦い方を教わる。
リョーカの復讐を目論むトーカは、真戸がリョーカの身体の一部を利用して、娘の喰種ヒナミをおびき寄せる。それを察したトーカはその場に駆け付け真戸と対決。真戸にやられそうになるが、ヒナミの助けもあり、最後は真戸をやっつける。真戸は喰種の身体から出てくる特殊部位を自分の武器として操っていたが、どんな技術やねん。
一方、カネキは、真戸のところに向かう途中の亜門を襲い対決。最後は亜門を追い詰めるが、自分の狂気の姿を見てトドメを刺せないままその場を立ち去る。
そして、亜門は真戸に喰種を倒すことを誓い、カネキ達はまた喫茶店での日常に戻ったところで終幕。
千眼美子が宗教に走ってしまったので、続編制作は難しいか。ゴールの見えない話しなので、いくらでも話しや続編は続けられそうな気はするが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ