ここから本文です

甲鉄城のカバネリ 総集編 後編 燃える命 (2017)

KABANERI OF THE IRON FORTRESS

監督
荒木哲郎
  • みたいムービー 17
  • みたログ 242

2.47 / 評価:151件

彼らが背負った過去の重さが切ない

  • shi_no_zu さん
  • 2017年1月20日 17時59分
  • 閲覧数 538
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

生駒はもちろん、無名、美馬と、悲しい性を背負った者たちは、それぞれの境遇から自分自身に対峙し生きていく術を身につけていき、やがて訪れる一つの終焉に向けて突き進んでいく。

前編ではあまり表に出なかった幼少期のトラウマが、後編では一気に噴出しており、その切なさが身に詰まされる。

作品の中では悪者として描かれている美馬にとってみれば、決して望んだことではないが、これが復讐を果たすための正義であり、結果的に復讐を果たしたことによって、生駒と戦いはするもののケジメをつけるべき時であったことは確かだろう。

もっともそれが生駒に白結晶を打つということだったのかは定かではないが…。

生駒と無名(穂積)がこの先どのように生きていくのか? 
生駒が穂積に約束したことは果たせられるのか? 
次回作の制作が決定しているので、それまで待つしかない。

前編とともにTVアニメの総集編としては、かなりよくまとめられている作品だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ