ここから本文です

上映中

キセキ -あの日のソビト- (2017)

監督
兼重淳
  • みたいムービー 804
  • みたログ 3,659

3.72 / 評価:2,774件

何かに情熱を注ぐことの眩しさ

  • green_earth001 さん
  • 2020年3月9日 13時44分
  • 閲覧数 352
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

無精ひげでワイルドな役作りの松坂桃李。
ロックバンドの道に進む息子と、厳格な父との確執。
ありきたりの設定だが、何か惹きつけるものがあり飽きない。
その奥で心配そうに見つめる菅田将暉。
受験勉強に励む浪人生、どこにでもいそうな役作りである。
予備校と、CDショップに通うどうってことのない映像だが、彼も惹きつける何かがあり、そこにいるだけで絵になる。

兄の挫折、弟がギターを手に取り、怒涛のようにメジャーデビュー。
デビュー後の自分の学業と両立の厳しさ、父との葛藤とテンポよく物語は進んで行く。
ありきたりの展開だが、この二人の俳優の演技にのめり込む。
熱く生きる、JINとHIDEの生き様にのめり込む。

GReeeN、そういえば良く聞いていたな。
最近、どういう活動しているのだろう? 歯科医に専念しているのかな?
とWikipediaで調べてみました。
えっ、この映画の設定って本当だったんだと驚きました。
家族の内情とか、葛藤とかがどうだったのかはわかりませんが、
とにかく情熱を持って人たちの輝きを覚える映画ではありました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ