2016年10月22日公開

プリースト 悪魔を葬る者

THE PRIESTS

1082016年10月22日公開
プリースト 悪魔を葬る者
3.5

/ 184

26%
23%
31%
12%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(26件)


  • ma8********

    3.0

    ちょっと長い

    無駄なシーンが多くて特に前半が長い。 悪魔の素性や悪魔払いの武器にもっと歴史的な深みを出せたら映画全体にもう一段説得力や迫力が出せたかも。

  • kun********

    4.0

    現代的エクソシスト

    かつての名画エクソシストを現代的に作りましたと言うような作品 よいのではないでしょうか 悪魔憑きの迫力十分 なお虫注意です! 思ったより出来が良くて感心しました まぁ「エクソシスト」と比べてどうかとかは置いておいて本作品として十分にエンターテイメントですね やっぱり予算掛けてますよね 技術云々や役者の質云々以前に予算ですよ予算 ようするにお金 これだけのお金を使うってことはリクープできる十分な算段があるってことですよね 要するに邦画との差はそういうシステムの話しなんですよね ビジネスモデルがないからまともな製作者も役者も出てこない これ映画だけの話じゃないんですよね残念ながら 話はそれましたが本作は見る価値のある映画でお薦めです

  • rrc********

    2.0

    ネタバレイマイチ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ken********

    4.0

    ぜひ5.1ch環境で観てください

    ほぼ「エクソシスト」のパクリだというのは見え見えの 作品だが、そこはあえて伏せて鑑賞してみた。 ホラーなのかと思いきや割と現実的な内容で 全編に通して悪魔を退治するシーンが続く。 3/1が祈祷シーンぐらいあった。 凄まじい悪魔との心理戦。 かといって笑えるシーンなんかもありグログロした感じでもなかった。 この作品のキモは主人公のカン・ドンウォンの幼少期のトラウマにある。 過去を引きずり乗り越えれないメンタルの弱さを 払拭した時、悪魔を封じる武器になることを説いていく。 人間にしかない強さというものが人知を超えたものを創造することと いうことなのかもしれない。 この作品のラストは悪魔を封じた豚を川底に捨てに行くシーンがある。 これはかなり緊迫したシーンでよかったと思う。 いかにも韓国映画らしい演出だなと思った。 そして序盤の悪魔がこの世に放たれるという意味もそこでわかる。 また5.1ch環境がある方ならぜひこの作品をお勧めする。 縦横無尽に悪魔のささやきがあったり聖歌が聞こえたりして かなり悪魔の祈祷シーンは緊迫する。 この作品はただ鑑賞するよりちゃんとした音響があることで ガラリと印象が変わる。そんな作品だ。 あまり良い評価を見ないがそんなことはないと思う。 やはり音響環境を持っていると全然見方が変わるのではないかと思う。 内容もそんなに悪くない。 オカルト映画としては良い作品。

  • oir********

    2.0

    ネタバレ全然怖くない韓流エクソシスト。子豚が哀れ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • oce********

    3.0

    エクソシストに笑いが

    神父が悪魔祓いをするということで、思いっきり「エクソシスト」の設定を頂いている韓国映画。 軽い気持ちで参加した見習い神父が、本物の儀式を見て徐々に悪魔祓いを信じていく。 ホラーの様に展開はするのだが、意外にもコメディ調のように笑える描写が多い。 儀式には歯磨き粉を塗るだとか、ラストにあるものを抱えて神父が警察の手から逃れるとか。 潔い形で終わらせるので、制作側も続編など考えていないのだろう。

  • qua********

    1.0

    見せ場一切なし

    時間の無駄、期待外れ、くだらん。 これだけ言えば、駄作だって事が伝わると思います。 ただの「エクソシスト擬き」の作品ですので、観る必要など全くありません。  つーか、これ、ホラーじゃないわ・・・(-_-;) キム・ユンソクとカン・ドンウォンの2大俳優を無駄遣いしてますね。

  • har********

    4.0

    ネタバレ韓国版悪魔祓

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aak********

    5.0

    比較なし

    エクソシストと比較されるのが残念ですが、エクソシストを見たこと無いので普通にとても素晴らしい作品だと思いました。 カンドンウォンもキムユンソクも素敵な俳優さんです。 ただ単純に見て後悔のない作品だったと思います。

  • unm********

    3.0

    ネタバレ賛否両論でしょう!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yio********

    1.0

    エクソシストのような!

    ホラー物を期待したが、全く拍子抜け。 恐怖はおろか超常現象を茶化したようなオトボケファンタジー物である。 国民性がよく出たおふざけ阿呆映画、半分以降は寝てしまった、見逃したところを見りる気も全くない。

  • bat********

    3.0

    ネタバレ韓国版「エクソシスト」オカルトサスペンス

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nek********

    3.0

    中途半端で惜しい

    冒頭のキムユンソクとお偉いさんたちのとぼけたやり取り、カンドンウォンの不真面目な学生生活を見て、まさかのコメディ?!と驚いたが、悪魔払いからはわりと普通のエクソシストで、妹への罪悪感やラストのヒロイズム等々韓国映画ならではの展開もあった。 けどどれかに絞って突っ込んで欲しかった。やっぱり悪魔払いのかっこいい感じをもっと見たかったなあ。どれも中途半端に終わって残念。 キムユンソクとカンドンウォンが予想通りよかったので星ひとつプラス。でも面白くないわけではなかったです。

  • fg9********

    4.0

    パク・ソダムのオットロしい演技は圧巻

     …レビュー数は未だ13件のみだ。  あんまり人目に付かない作品なのかな?  …あらすじは、横着をして、解説の次のとおり。  『ひき逃げ事故に遭った女子高生ヨンシン(パク・ソダム)は自殺を図ろうとし、その後昏睡状態に陥ってしまう。  彼女の肉体が何者かに乗っ取られたと感じたキム神父(キム・ユンソク)は、その悪霊を追い払う儀式を行うことを決める。  除霊に詳しい神学生アガト(カン・ドンウォン)が補助司祭を務めることになる。  魔物に姿を変えてしまった女子高生を救うべく、彼らは全力を尽くすが……。』  その魔物は、薔薇十字団の追っている12悪魔の内の一体で、なかなかソイツの正体は掴めなかったが、遂に「マルべス」という大将格の悪魔だということが解かる。  この時の悪魔に憑依された少女・ヨンシンの形相が邪悪に変化していく様はなんとも凄まじかった。  ドビャーッ!と大量の血を吐き飛ばしたり、それに連れて、夥しい数の猫が集まってきたり、ゴキブリやらハエやら、ネズミなんかもわんさか湧き出してくるのだった。  悪魔に魅入られてしまったアガトは、幼少の頃の酷な想い出を喚起されてしまうのだった。  それは犬に襲われた妹を助けることもせずに、その場を逃げ出したため、妹を死に追いやってしまったという辛い負い目を背負って生きていたのだった。  その切ない過去に絡めとられて、またもや悪魔払いの現場から遁走を決め込むのだった。  しかし、またしても自分は肝心な時に逃げ出してばかりいると猛省し、アガトは再び悪魔払いの現場に戻るのだった。  で、キム神父から「もうオマエは補助司祭なんかじゃない。立派な一人前の神父だ。」と鼓舞されて、二人で真のタッグを組んで悪魔に立ち向かうのだった。  で、見事に悪魔を子豚に封印することに成功するが、その折に可愛いピンクの子豚が真っ黒い悪鬼のような豚に変容する場面は気色悪かったな。  しかも、この悪鬼豚を1時間以内に水深15メートル以上の深い河に捨てなければならないのだった。  アガトは、悪鬼豚を抱えて漢江を目指して突っ走るが、悪鬼豚は次々と悪行の限りを尽くすのだった。  この時のカークラッシュの連続のシーンは凄まじかったな。  そんな折、いつもはトロクサイ韓国警察が機敏に動いて、キム神父は悪魔祓いなんて信じない韓国警察に殺人犯として逮捕されてしまうのだった。  果たして、アガトは悪鬼豚を葬り去って無事に帰還できるのか?といったストーリーだ。  ズバリ韓国版『エクソシスト』そのもので、傑作『エクソシスト(1973)』には及ばないものの、韓国映画はホラーものでも邦画より抜きん出て面白かった。  やさぐれ神父のキム・ユンソクと、過去に傷を持つ補助司祭のカン・ドンウォンとの絶妙なコンビネーションに魅かれるとともに、なんと言っても、悪魔に憑依されたパク・ソダムのオットロしい演技は圧巻の一語に尽きる作品で、十分に見応えがあった。

  • man********

    3.0

    普通

    評価が高かったことと、最近の韓国映画のドラマチックな演出や脚本、俳優の演技力に惹かれて楽しみにしていましたが、結果として、米国の「エクソシスト」の映画ほどでは有りませんでした。ただ 他のレビューにもあります通り、皆がハッピーになる。すなわち、牧師、 祭司助手、悪魔に憑依された少女、全員がハッピーエンドになるというのは、この手の映画としては目新しいものを感じました。また、「エクソシスト」のような、取り憑かれた少女の家族の描写が無いというのも少し残念な感じがします。「エクソシスト」は、グロテスクな映画ですが、前半の牧師と悪魔の対決予兆から始まり、祭司助手の母や聖職者としての悩み、憑依された少女の母親の視点等から描かれていた上での悪魔払いでしたから、本作の悪魔が少女から離れた(救われた)ホッとした感動は、「エクソシスト」程では有りませんでした。 ホラー映画の名作「エクソシスト」との比較は、酷かもしれません。あの映画を観た方は、物足りなさを感じるやも知れませんかね。

  • ang********

    4.0

    ネタバレ特筆すべき利点は無いが、ラストが好み。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ind********

    3.0

    韓国版霊幻道士風エクソシスト

    ここまで、やや神妙な韓国アクションものを観て来たので、はじまりの雰囲気から同じような・・・・って、こらあ「霊幻道士」じゃないの?っと、挟み込まれるコメディ風演出に戸惑いました。 観ようとしているモノと観ているモノとのギャップのつじつま合わせにてこずっているうちに、いつやら「エクソシスト」・・・けど、なんか、どこかで観たような・・・そうか!「グエルム 漢江の怪物」、そう、良く似てる。 超常的なお話も、怪物のような悪魔も・・・雰囲気近い。 韓国もアジアンコメディ圏なので、どこか中国風の演出が奥歯に引っかかりますが、まあ、そのドバドバのややグロ過剰の演出で、最後まで観られました。 けど、何か残るわけでもないので、そこまでかなあ。 キリスト教国韓国ならではの知識の披歴がまあ面白いと言えば面白い。

  • ラナ

    2.0

    ネタバレ内容があまり無い・・・。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 柚子

    2.0

    悪魔は、人の心の中に存在するもの

    悪霊、悪魔の話しは、矛盾だらけ 悪魔の仕業なので、何でもありで、どんな展開でもOK 『エミリー・ローズ』という作品でも言っていたが、悪魔付きの、あのような異様な状態は、医学的に解明されているらしい キリスト教的には、信じたいってことらしい 『コンスタンティン』とか、面白くて、何度も見ている フィクションとしての、悪魔の話しは、面白いのだ(^-^; ふだん、韓国映画は当たりが多くて、好きだけど、本作に限っては、韓国特有の人間物語の部分が、あまり利いてないように思える 後半は、アクション映画になってしまい、悪魔豚抱っこして、走り回り、車がバンバンぶつかり、なんともはた迷惑な悪魔払いだなぁ~(^-^;

  • tkh********

    4.0

    よかった

    交通事故に遭った後、何かに憑依された少女を救うため悪魔払いに挑む神父と神学生の様を描いたサスペンス作品。 韓国版エクソシストとして非常に丁寧に作られている上、韓国ならではの演出を加えた良作でした。 内容的にも非常にシンプルなのでダレることなく観れると思われます。 是非、観て下さい。

1 ページ/2 ページ中