2017年7月15日公開

ノーゲーム・ノーライフ ゼロ

1062017年7月15日公開
ノーゲーム・ノーライフ ゼロ
4.5

/ 1,949

77%
10%
5%
2%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(311件)


  • nob********

    5.0

    最高です【原作未読】

    アニメ視聴済み。 原作未読。 「原作未読だとよく理解出来ない」と言うレビューもありましたが、非常に楽しめました。 確かに少し理解し辛い箇所もあり、原作を読んでいたらもっと深く理解出来たとも思いますが、それでも大感動。 ノゲノラ好きなら、絶対観るべきかと。

  • eoz********

    2.0

    原作読まないと意味不明

    TVシリーズは見て面白かったけど、これは完全に説明不足で残念な内容だった。主人公が感情的に叫ぶシーンに序盤から鬱陶しいほど尺が割かれているのに、その少しでも解説に回していたらこんな見る側が置いてけぼりになる話にはならないのに。。戦闘シーンは迫力あるけど展開がそれに伴っていない微妙な感じ。メインテーマが機械のヒロインが感情を持つようになって主人公と心を通わせる的なものだけど、その流れで最後は気合で解決みたいな展開になっていてTVシリーズの良さが感じられなかった。よくある話といえばそうだけど、その割には盛り上げが足りないというか、説明不足で見る側を切り捨てていて、感情だけ付いて来いという無茶振りをしてる。最後の方にルールの説明のないまま戦略を語るシーンがあるけど、サスペンスでいえば最後に説明のないまま犯人を登場させるようなもので、もう少し何というか見る側の視点で脚本を練って欲しかった。原作を知っていれば説明が端折られても気にならないんでしょうね。

  • 名無し

    5.0

    何度観ても泣けるのよ

    本当に最高です。めちゃくちゃ泣けます。 この作品はノーゲーム・ノーライフというライトノベルの第6巻(多分)の映画化です。 原作の時点でとても良かったのですが、それを100パーセント活かす映画の演出や構成が素晴らしいです。 事前にアニメを見ている方が明らかに楽しめると思いますが、主人公も違う上一応話としては独立しているので、それだけで見るのも不可能ではないかもしれません。 でも、元のアニメ作品を見ていない前提での星5ではないです。 だから、既にアニメは見たという方にはとてもオススメです。逆に、アニメと無縁な人は合わない可能性があります。

  • ponn

    4.0

    アニメから映画一気見しやしたっ!

    もぅさー。俺は本当に昔っから悔しい!!!ってのに弱いんですよ。泣いちゃうんですよ。うるっときちゃうんですよ。尺が足りない。それはわかります。逆を言えば、その尺の問題さえクリアできていれば完璧な映画だったということです。アニメ映画を見て偏見ばっかの奴はそもそも見るな?シュタインズ・ゲートみたいな過去と未来がつながってるとかいう設定?大好物!!!(笑)俺はこの作品。ノーゲームノーライフ。結構好きです。おすすめです。

  • sas********

    5.0

    最悪の中の最善

    前日譚である故に物語の終わりはわかっていて、そこに至る昔話です。 どんなに良い流れがあってもそれがどうなるかはわかっているわけです。 ただ、それがわかっていてなお、そこに至るまでの最高の出来だと思います。 良かったです。

  • to1********

    5.0

    力のある物語

    全滅寸前の人類が圧倒的な強者を相手に一発逆転の大勝負をするというストーリー この時間枠では説明が少なくご都合主義的な所も多分にありますが それを補って余りある力強い物語展開を感じました 素晴らしいです

  • hir********

    5.0

    シリーズ最高の傑作

    本編の始まる6000年以上前、星が焦土と化した神々とその従者たる被造物達の終わりなき大戦時代のお話。 抗う術を持たず絶滅寸前にまで追い詰められている人類の1人であるリクが、 機凱種(エクスマキナ)である機械の少女シュヴィとの出会いを経て世界を変革する「ゲーム」を仕掛ける、異世界ディス・ボードの創世記です。 本編はコミカルで、わりとゴリ押しが多かったりして ゲーム戦術もチェスならぬチェヌとか言われてたりもしますが、 この映画は本編とは全く何もかも正反対な性質に仕上がっております、 なぜ何もかもが正反対なのか、これもこの映画のテーマです。 紛れもない傑作です。

  • ココノシン

    5.0

    見ないと損。

    これだけ★5がある映画だったら面白いだろうと思って見てみたところまじで泣きました。この映画は本当に素晴らしい。今まで100本以上の様々なジャンルの映画を見てきましたが感動するという点ではぶっちぎりの一位です。★一の評価を見たらわかると思いますが、すべてがただのアンチもしくは辛口評価です。 この絵映画、見ないと人生損しますよ。マジで。

  • kun********

    5.0

    ネタバレ松岡さん、茅野さんの熱演は見ないと損

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ang********

    1.0

    ネタバレ評価千件超えで、平均レビュー4.52!?!?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hog********

    4.0

    終始絶望感

    アニメの遙か昔の話 アニメでなんであんなルールになったかが分かる話です。順序はどちらから観ても大丈夫ですよ。映画からアニメ観るとちょっとウルッと来るかも。 ただ主人公とヒロインに幸せになって欲しいと願ったなぁ。最後の切なる願いにウルッと来ちゃうかも

  • sma********

    5.0

    ネタバレ絶望的状況からの逆転

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sup********

    5.0

    あらゆる意味でパーフェクトを超えている!

    アニメ版を見てからファンになり、公開当時発売中の原作を全て読んで劇場で鑑賞し、今更ながらに限定版BDを購入しました。2017年はアニメだけでなく邦画、洋画とも話題作が目白押しでしたが私にとってはこの作品が一番でした。時間的制約で原作の記述を全て映像化できたわけではないですが、カットした部分を含め、単体の作品として非常にまとまっていたと思います。確かに原作やTVアニメ版を見ていた方がよりきちんと理解できたでしょうが、それはどんな映画にも言えること。作品独自の用語も前後の話の流れからだいたいこんな意味だと推測してみていけるはずです。こういう点は減点要因にはならない。 私は正直なところ原作小説の文体や作者の、特に下ネタ系の、ノリは好みではないのですが、原作者が考える物語やメッセージ性は非常に面白いと思います。その原作が伝えたいメッセージを変に改編するのではなく、映画というメディアの特性にあわせてうまく脚本としてまとめていたと思います。また、6000年前と現在とで色調を変化させ、監督自ら言ってますがTVアニメ版と真逆の雰囲気をそのまま逆手にとる演出、原作者自ら認める、原作者の考えよりも優れた見せ方、音楽、どれをとっても良い作品を作ろうという制作スタッフの熱意が伝わってきます。 それは主役であるリクとシュヴィを演じた松岡さんと茅野さんの、本人たちも認める二度と出来ない演技、この作品が好きで今回の話を深く理解した上で歌ったであろう鈴木このみさんの主題歌、どれをとってもパーフェクト以上で、これまで見た中で最高傑作です。もう劇場では見ることは出来ませんが、ご覧になってない方にも是非一度見て欲しい作品です。 蛇足ながら、昨今はドラマでもアニメでも、TVでヒットするとやたら劇場版を作りたがります。確かに劇場版は予算も豊富に取れるようですし、その予算は作品の質を上げる効果もあるでしょうが、どれもが劇場でやる必要があるかというとかなり疑問に思っていました。本作はその意味でも、本編の外伝的位置づけでストーリーとしてかなり独立しており、かつ話のスケールが桁違いで、確かに劇場でやるしかないと思いました。(例えば、大ヒット作ではありますがガールズ&パンツァー最終章とかは劇場である必然性は感じないので)その意味でもこの作品は劇場版であることに意味がある数少ない作品だと思います。

  • 鳴海 映

    2.0

    テレビシリーズ見てないと絶対わからん!

    ・・とタイトル付けたけれども、私、テレビシリーズ全話みたのですが、これはいただけない。 ”ディスボード”の世界の成り立ちと、空と白の前世のお話なのだが、大部分は戦闘シーンと、二人の禅問答(?)なので、単調。 TVシリーズよりも画に手間ひまかけているけれども、凄い!とまではいかない。 ラストも普通に現世に引き継がれ、なんか釈然としない。 何よりもここでの評価が高いのが意外。

  • rst********

    5.0

    ネタバレ原作知らない人にはあまりオススメはしない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ヤマダ

    3.0

    割とみれる

    原作は好きだったけど途中で飽きたんだよね

  • hea********

    4.0

    期待し過ぎは禁物

    TVシリーズは見ていましたが、あんまり覚えていません。 とにかく賭けがテーマだったことくらいしか記憶に無いです。 TVシリーズの終わり方もよく覚えていないので、この作品がその続きなのかも不明でした。 どうやらTVシリーズの前日譚のようですね。 だからタイトルがゼロなんですね。 現在の評価平均は星4.52という驚異的な高さです。 正直4.52の価値はないかな。 それなりによく出来てはいるけど、見る人が極端に絞られるせいで4.52になったんでしょう。 まあ見るならTVシリーズを見てからにした方がいいです。 ここの評価を見てしまった後に見たので期待し過ぎたかも。

  • fub********

    3.0

    万人に自信を持って勧められる作品ではない

    キーワードとしては「戦争」「美少女」「ロボット」「恋愛」で中身が凝縮されていて、ターゲットが狭い作品と言わざるを得ない。 後半はとくに急ぎ足に進みすぎて、すべての種族の状況もよくわからないし。 うーん、そんなに都合よく行くかなぁ…。ってモヤモヤしてきた(笑) 家族でみるような作品でもないし、デートで見るような作品でもないし…。アニメ好きの男性向けですね。私には少し合わなかったです。 私が素直に思った感想は「エヴァ好きな人はこういう作品も好きなのかな~?」です。

  • ぜろ

    5.0

    映画化の成功作

    最近、なんでもかんでも劇場版が制作されるが、 どれもレベルが低く、辟易していた。 今回も正直期待していなかったけど、 これはやられたといった感じ。 空白の物語が観たかったので、 ちょっとな~なんて思ったけど、 逆に過去の話を知ることで、 より一層今の話を楽しめるようになった。 マッドハウスなのに、作画は相当気合が入っていて 美しさに魅了される。 いしづか監督の演出もお見事。 この人はアクション撮らせたらうまいんじゃないのかな? ちょっとお涙頂戴の部分が多いが、 わかっちゃいるけど泣いてしまう。 久しぶりに満足できる劇場版に出会えました。 こんなことなら観に行けば良かったと後悔。。。

  • shi********

    5.0

    外伝でさえなければもっと話題になってる

    正直「ノーゲーム・ノーライフ」を知らなくても観にいって欲しい。間違いなく今期最高の映画。演出、脚本どれをとっても一級品。TVシリーズが軽めでギャグや肌色成分の多い萌えアニメ的性質を持ってるから、特に女性などは足を運ばないのかなと…その部分だけ惜しい気がします。

1 ページ/16 ページ中