レビュー一覧に戻る
クランプス 魔物の儀式

pow********

5.0

80年代雰囲気のコメディホラーをもう一度!

監督たちのオーディオコメンタリーも聞いてみてほしい! わかってるぜこいつら! 今や知らない子も多いグレムリンなどの子供も楽しめる80年代ホラーのノリ。本作は当時のそういう作品を好きだった人たちが、もう一度あの雰囲気を復活させたいという意気込みで作られています。 オーディオコメンタリーでは、やはり2015年は80年から90年代をもう一度意識させてやる映画が多かった。この作品も調度その時期に公開できて良かったとのこと。 さらにこの作品には当時を象徴する映画の家がそのままでてきます。監督いわく、80年代を代表するキャラもサブリミナル映像で出たりするから何回も見てコマ送りで見てください!とも語ってます。 本作は前半はホーム・アローン、中盤から大雪で街から逃げられないミスト状態に、後半はまさにグレムリンのような怖い!けど可愛い悪魔たち、たまらないこのノリ!懐かしい!懐かしい! 監督はゴア描写や恐怖演出で客を怖がらせる最近のホラーにやはり疑問を持っており、子供が見れる作品でも怖くて面白い作品はいくらでもできるし、グレムリンなんかのように昔は沢山あった。と語ってます。 まさに、その通り! 主人公マックスは優しい良い子じゃないかー。そんな彼がクリスマスなんて大嫌いだ!みんな大嫌いだ!と願ったがために怖い悪魔がやってきます。 エンディングの解釈についても、オーディオコメンタリーで面白いことを言ってます。むこうでも、2パターンの意見が多いようで、その意見に監督たちはコメントしてますが、色々な解釈が生まれるのは作り手としては面白いし、興味深い。だから、僕らはこのオチの意味は墓まで持っていくことにした。絶対言わないぞ(笑)と語っています。 実は僕はその2パターンとはまた別の解釈を持っています。 さて、皆さんはどんな意味を見いだしますか!? それは、見て判断してください!

閲覧数1,149