ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 (2015)

FREEHELD

監督
ピーター・ソレット
  • みたいムービー 128
  • みたログ 446

4.08 / 評価:328件

正義を求めて

  • タミーゴ さん
  • 2016年11月30日 21時21分
  • 閲覧数 1219
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

ジュリアン・ムーアがまたもや不治の病にかかる役柄だと知っていた。
ご自身がアカデミー主演女優を獲った「アリスのままで」のやり場のない悲しみを僕はまだ忘れ切れていない。
もう一つのテーマが女性同士の愛、レスビアンに正面から取り組んだことも事前情報として受け取っていた。

観ることに大きな迷いがあったが、そんな杞憂はさっぱりと無くなってしまうほどの爽快感が残るシネマだった。

事前情報の通りの展開だった前半から、ジュリアンが肺がんの進行で見る影もなく衰えていく後半の展開は力強い。
女性カップルの権利というよりも、主人公刑事の正義への貢献に報いるべき論の高まりがシネマを高揚させる。
主人公が常に訂正する・・・「私は同性婚を求めているのではない、欲しいのは平等だ」というくだりがある。

シネマでは事実に基づきながら、LGBTの論点を少しずらして、同僚警官はじめ一般市民や最後には行政委員(FREE HOLDER )に至るアメリカ人の良心を掘り起こしていく。
保守的なニュージャージーの小さな郡が、少しづつ変化していく。
正義を求める戦いに焦点をもっていった構成は、ジュリアンの壮絶な演技も相まって、崇高な物語に押し上げている。
そんな綺麗ごとの中で、スティーブ・カレラ演じる、ゲイの人権拡大リーダーの現実感が、少しだけLGBTの現状に気づかせてくれた、怪演だったけど。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ