ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気 (2015)

FREEHELD

監督
ピーター・ソレット
  • みたいムービー 128
  • みたログ 446

4.08 / 評価:328件

主役ふたりに圧倒される

  • taka さん
  • 2016年12月4日 13時05分
  • 閲覧数 1346
  • 役立ち度 11
    • 総合評価
    • ★★★★★

素晴らしかった。
ジュリアン・ムーアの凄さはわかっていたけど、相手役のエレン・ペイジが「素晴らしい!
作品はおわゆる「難病もの」だけど暗くない。
逆に力強さというか、エネルギーを感じる。
それは作品の焦点が「病気」ではないからだろう。
これほど時間が短く感じたのは久しぶり。

この作品を観ていると日本映画になくて外国映画にあるものがよくわかる。
そのひとつが「役作り」。
ジュリアンは難病患者ゆえ、毛が抜けて行き、スキンヘッドになる。声もしわがれ、見た目も余命いくばくもない病人になる。
これって今の日本映画の主役には絶対ありえない。
ドラマの撮影とバラエティ出演の合間に映画を撮るもんだからヒゲを剃るどころか、髪さえ切れない。
取り組み姿勢というか、作り手の真剣さが根本的に違う。
公開することを目標としている日本映画、一方、いい映画を作ることを目標にしている外国映画。この差はこれからも埋まらないだろう。

ふたりの素晴らしい演技に加え、ハンス・ジマーの優しい音楽が心地よい。
ラストまで素晴らしいのだが、最後の字幕とエンドロールでまさかの号泣。
本当に素晴らしかった。

パンフ720円。買ってない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ