ミッシング・サン
2.1

/ 40

5%
0%
33%
25%
38%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)


  • kog********

    1.0

    暗い。

    暗い、暗すぎる。 気分が滅入るわこりゃ。 救いもねぇ。、

  • gnp********

    2.0

    誘拐の現実

    この映画は 或る日突然一人息子の行方が分からなくなった夫婦の苦悩を描いた作品である。 アメリカでは年間80万人の子供達が誘拐されている。その大半は親権を争う親達によるものだが、異常者や殺人鬼の魔の手にかかるケースも日本に比べると極めて多い。 やり切れない展開ではあるが、これが現実なのだろうと妙に納得してしまった。 海外旅行中はトイレが一番危ないと聞き、緊張感を持って子供から目を離さずにいた事を思い出した。

  • bel********

    1.0

    なぜ諦める?

    子供が行方不明になる。 自分の子が同じ目に遭ったら・・・と想像するだけで辛い。 だから主人公の夫婦の辛さは分かる。 分かるんだけど・・・。 行方不明というだけで見つかっていない子供。 手がかりが無いとはいえ、生きてるかもしれない。 なのに・・・えっ、パパ「大切な人を失った互助会」に出席。 ママは薬と酒が頼り。リスカ。不倫。 生きてるって思わないの? (他のレビューにもあったけど)探さないの? ビラとか貼らないの? 居候のダンナ弟はなに? 失意と再生の物語ならアカデミー賞の定番だけど、この夫婦は確定していない事実に絶望し、再生もしない・・・。 あらすじに息子に似た少年に感情移入していく母親とあるけど、その子に何か起きるでもなく・・・結局そうですよね・・・ってなるんだけど夫婦はそれほど落ち込んでないようにみえる。 見えるだけかもしれないけど計り知れない衝撃なはずなのに・・・それだけ? え?終わり?!

  • tkh********

    1.0

    う〜ん

    家族旅行の帰り道に立ち寄ったガソリンスタンドで最愛の息子が消息不明になってしまった夫婦。絶望に立たされた夫婦の精神が崩壊していく様子を描いたサスペンス作品。 救いのない、かなり気分の滅入る作品。 冒頭から延々と絶望感を感じさせられる上、後味の悪いラストでかなりの疲労感でした。 期待せずに、是非観て下さい。

  • sub********

    1.0

    見るだけ苦痛で、退屈な失踪サスペンス

    TSUTAYAで借りた。パッケージを見ると、面白そう。 失踪した子供を探す、というサスペンスっぽく感じた。退屈しなさそうと 誰でも思うじゃないか。 借りた。 そして、見ていると段々腹が立ってきた。サスペンス要素一切なし。 失踪した息子を探そうとしているのではなく、残された親の心が壊れていく、 という話だ。何だそりゃ。捜せよ。ハラハラさせろよ。 だから絶望的に感情移入もできない。始終イライラしっ放し。 だから探せって。手がかり見つけろって。 子供を亡くした親が壊れていく話と全く変わりません。そしてそんな 映画は沢山。お腹いっぱい。 時間の無駄です。

1 ページ/1 ページ中