ここから本文です

ブレア・ウィッチ (2016)

BLAIR WITCH

監督
アダム・ウィンガード
  • みたいムービー 36
  • みたログ 345

2.40 / 評価:281件

ゲーム版「ブレア・ウィッチ」がリリース

  • 一人旅 さん
  • 2019年9月4日 21時45分
  • 閲覧数 531
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

アダム・ウィンガード監督作。

魔女が潜むとされる森に入り込んだ若者達を待ち受ける恐怖を描いたホラー。

超低予算で制作されながら斬新な映像手法で世界中に“ブレア・ウィッチ旋風”を巻き起こしたモキュメンタリーホラー『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(99)の正統な続編。最近になって、ポーランドのゲームメーカーが版権元と正式にライセンス契約を結んで制作したゲーム版「ブレア・ウィッチ」(PC/Xbox One対応)が配信開始されたことで、再びブレア・ウィッチ熱が高まりを見せ始めています。「興味はあるが、ゲームを買うのはちょっと…」という方には、YouTuberが同ゲームの実況動画を沢山アップし始めていますので、そちらをご覧いただければ雰囲気を味わえるかと思います。

前作から20年後を舞台にした続編で、前作において森の中で消息を絶ったヘザーの弟:ジェームズら6名の男女が、失踪したまま帰ってこない姉を救い出すべく“ブレアの魔女”が潜むと噂される森の奥深くへ入っていく―という、前作の地続きとなった後日譚となっています。

前作同様、全編がPOV(一人称視点)で撮影されており、ビデオカメラ、ヘッドカメラ、ドローンが捉える映像を通じて、鬱蒼とした森に踏み込んだ若者達を襲う恐怖と絶望をドキュメンタリー風に映し出しています。魔女の存在を半信半疑で森に入った若者達が、探索の途中に次々と不可解な現象に遭遇、やがて逃げ場のない恐怖のどん底に突き落とされていく様子が真に迫ったモキュメンタリーホラーで、ホラー映画の歴史に名を刻み『REC/レック』(07)や『パラノーマル・アクティビティ』(07)等の派生作品が生まれるきっかけとなった前作『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の作風を潔く継承した正統な続編であります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ