ここから本文です

ドクター・ストレンジ (2016)

DOCTOR STRANGE

監督
スコット・デリクソン
  • みたいムービー 857
  • みたログ 6,596

3.69 / 評価:5,160件

敵を傷つけられない魔術師ヒーローの誕生

  • RIO さん
  • 2019年1月7日 0時38分
  • 閲覧数 1539
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

ドクター・ストレンジに興味はなく、観ていなかったのですが、インフィニティ・ウォーのために復習程度でレンタルして観ました。本作は映像がほんとに美しい映画でした。最近の映画でよくありがちな予告編で見どころを使いきってしまうパターンかと思っていたのですが、予告編以上にすごい映像ばかりで驚きました。建物があらゆる方向からグニャグニャに変形していくところはほんとに凄まじかったです。
配役も良かったです。特にベネディクト・カンバーバッチはいつも通り演技は素晴らしく、天才で傲慢な人間像を演じきっていました。ストレンジが異次元空間に押し出されて幻想的な世界を観たシーンでは戸惑いや不安などの感情を表情などで上手く演じていて、さすが名俳優だなと感じました。
ただ良かったところはそのくらいです。
上記で演技が良いと言いましたが、キャラクターがどうも好きになれないのです。本来一作目というのはキャラクターを紹介するための作品ですが、アイアンマンやガーディアンズ・オブ・ギャラクシーではそこが上手かったのでキャラクターを好きになれたのですが、今作ではそこが下手でした。なによりストーリー展開がありきたり。特殊な能力を手に入れて、挫折して、スキルを磨くためにトレーニングして、悪役出てきて、倒してハッピーエンド。ヒーロー映画で何回も使い古されたストーリー展開をこの期に及んでやられるとまたかよって思っちゃうし、新鮮味もひねりもないから退屈です。それにストレンジがスキルを磨くために修行してるシーンのテンポが早い。最初は技を身につけれないんだけど、徐々に技術を身につけていくとともに、人間としての成長を描かれていればいいんですが、今作はそこの成長がとっさに感じました。さっきまで全然技を身につけれてなかったのに、気づいたらいろんな技をいっぱい習得してました。時間経過もよく分からなかったし、とてもとっさに感じて、そこのストーリー展開やテンポが悪かったせいでキャラクターを好きになれませんでした。
あと、なによりラストがしょぼい。カエシリウスとの戦闘シーンでは魔術を使った興味深いバトルが観れて、とても良かったのですが、香港でのラスボスとのバトルはなんだかしょぼかったです。戦って勝って終わりという普通のヒーロー映画のラストとは少し外れて、説得をして去ってもらうという知的な終わり方。敵を傷つけられないというストレンジらしい終わり方だったと思うのですが、すんなり承諾してあっさり終わったのがなんとも味気のないラストで、映画としてどうなの?って思ったし、拍子抜けしてしまいました。
凄まじい映像とベネディクトの良い演技が良いだけで他は良いとは言えないヒーロー映画でした。 10点中6点。
長文大変失礼しました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ