2017年9月1日公開

トリガール!

982017年9月1日公開
トリガール!
3.6

/ 1,288

34%
27%
19%
7%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

鳥山ゆきな(土屋太鳳)は、一浪を経て理系の大学に入学する。理系独特のノリに戸惑いを覚える中、高橋圭(高杉真宙)というイケメンの先輩に心を奪われてしまう。彼に誘われて人力飛行サークルに入会し、コンビを組んで鳥人間コンテストへの出場を目指そうと期待に胸を膨らませる。しかし、組むことになったのは圭の元飛行パートナーであるヤンキーっぽい先輩の坂場大志(間宮祥太朗)だった。坂場に対し嫌悪感を募らせ、トレーニングなどでも彼と張り合ってしまうゆきなだったが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(247件)

楽しい22.9%笑える21.6%コミカル17.3%かわいい13.3%かっこいい9.3%

  • snb********

    1.0

    監督の実力不足

    この映画を公開した当時2016~2018年ころの映画で確信したのは、次世代を担う俳優さんがたくさん出てきたなということと、そういう俳優さんを生かすも殺すも、やはり監督の演出次第だってことです。 たとえば広瀬すずさん。ちはやふるでは完全に世界観に飲み込まれて、同様な素材で製作されたチア☆ダンは途中で映画館を出たくなる出来。 大好きな土屋太鳳さんは、すこし遡ってorange -オレンジ。登場人物たちの描写が心を締め付けました。 じつはこの映画は観たかったのですが映画館で観るチャンスを逃していました。 今になって期待して観ましたが、本当にふざけた出来でした。 カットもコンマ何秒のムダを平気で残したでたらめな編集、エキストラと壁紙の違いが判らないのでしょうか、画面の中に映っている細部への配慮の無さ。 劇中の音楽も効果音も素人が適当にそれっぽく挿入したようなセンスの無さ。あんな素晴らしい主題歌も全く生きていません。 例年、パイロット、製作チーム、それらを支える人たちの努力に多くの人が涙するほど感動する鳥人間コンテストを題材にしながら、ここまで薄っぺらい物をよく作れたなという感じで、映画館で観なくて本当に良かったです。 土屋太鳳さんの映画はこの後の、8年越しの花嫁ではかなり気合の入った縁起をされていましたが、少し力が入り過ぎたかな。しかし、累 -かさね-ではその鬼気迫る迫力の演技がなにより素晴らしかったです。 トリガール!の素材や出演陣は素晴らしいと思いましたが、監督の実力不足だけが目立った残念な作品でした。

  • kumiko

    5.0

    トムとジェリー

    面白かった。 映画の中で池田エライザ(和美)が『トムとジェリー』みたいだと言う場面があるが、そのとおりで、仲良し喧嘩の面白さ。 単純なスポ根ものにせず、終始楽しい作りとなっていた。 何よりも嬉しいのは、スポ根ものによくある壁にぶつかる場面を、重苦しく描かず、映画の楽しい雰囲気を一定の高さに保っていた。 あぁ、そうか、飛行機が一定の高さを飛び続けるのに合わせて、映画も一定の高さを保っていたのだなぁ。 土屋太鳳、はまり役だと感じた。 選曲も良かった、映画の雰囲気に合っていた。 ただ一つ残念だったのは、飛行機が広い羽を広げて大スクリーンを飛ぶ場面を観られなかったことだ。 そう、映画館で観たかった。 リバイバル上映してくれないだろうか。

  • sgp********

    5.0

    面白かった!

    展開がいい感じに変わって飽きずにずっと見れました。こういうスポーツ系の映画が好きな人にはオススメ。ギャグセンスもあると思います。終始元気で楽しい気分になれます。

  • リファー

    1.0

    ナダルでトドメ

    全体的にワーワー煩いだけの映画。 我慢して見ていたが、ナダルが何を言ってるか判らない為視聴終了。

  • yrc********

    1.0

    つまらない

    つまらなくて途中で見るのをやめた。すべてが中途半端すぎる。芸術気取りのダラダラ映画よりはマシだけどぜんぜん面白くない。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
トリガール!

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル