ここから本文です

彼らが本気で編むときは、 (2017)

監督
荻上直子
  • みたいムービー 605
  • みたログ 3,976

4.08 / 評価:3357件

子供たちに見てほしい

  • msa***** さん
  • 2018年1月13日 11時41分
  • 閲覧数 2836
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

最初は生田斗真が性同一性障害役?って食わず嫌いで敬遠してたが、映画評論家の中井圭が絶賛してたので興味がわき観賞。

予想をはるかに超えて、本当に素晴らしかった!

女子小学生のトモが育児放棄に近い状態で、食事はコンビニのおにぎりを一人寂しく食べるだけ。
まずこの子を何とかしてあげたいと感情移入。

母親のヒロミが家を出ていき、いつものように叔父のマキオのもとへ。
そこには性転換したリンコさんという女性?が、戸惑うトモ!
学校では幼なじみ?のカイ(このカイくんが可愛い!)に冷たい態度。
「学校で話しかけないでよ!」
どうやらカイくんも性同一性障害のようだ。

普通?ではないリンコやカイを理解できないトモ!

荷物を家に取りに行き、トモに弁当を持たせるリンコさん。
公演のベンチで弁当を開けると、そこには可愛いキャラ弁が!
「わぁ!」と喜ぶトモ!

「リンコさんの女子力半端ねえ!」とビックリですよ!
母のヒロミに子供らしい事をさせてもらってない事がここでよく描かれてる。

徐々に母親代わりのリンコに惹かれてゆくトモ。
疑似家族のように絆が生まれてくる場面は凄く見ていて幸せな気持ちになる!

また、リンコの母親役の田中美佐子がいいんですよ!
中学生時代のリンコが泣いて帰ってくる。
「オッパイが欲しい・・・。」
と泣くリンコにブラジャーを買い、編み物で作って中に綿を入れた偽オッパイを作る。
もう、泣けてきます!

その対比となるのが、小池栄子扮するカイの母親!
リンコさんと買い物中のトモを見て心配する。
「あんな、変な人と一緒にいて大丈夫!何かあったらいつでも家に来ていいのよ。」

カッ!となり持っていた洗剤を浴びせるトモ!

リンコはトモに編み物を教える。
「嫌なことが会ったり、カッとなったときには編み物をするの。そうすると心が落ち着くんだよ。」と。

カイに対してもトモとの接触を禁じる母親!
「普通じゃない人に近付いちゃダメよ!」と・・・。

母性が湧き出て「トモを可愛くてたまらない。」とマキオに打ち明けるリンコ。
「結婚したら、トモを養子にできないかな?」
「一緒に考えていこう!」とマキオ!

そうなんです!リンコは身も心も女性になったが唯一できないことが、子供を持てない事なんです。
ここで、私もリンコに感情移入して一緒に家族として暮らしてほしいという気持ちが芽生える。
しかし、「そういうラストでいいのか?」という疑問もわいてくる。

私が考えた理想のストーリーはリンコが自分の気持ちを押し殺し母親が戻って来た時に、トモがリンコに習った編み物で母親のマフラーか手袋を編み母親にプレゼントする(トモの母は母親に厳しく育てられ母が編んだ編み物をけっして身に着けなかった)ことを提案するという事で母に対する愛情をしめし更生してもらうというストーリーを勝手に考えてしまった。
その通りにはならないが・・・。

カイは母親に男の先輩に書いたラブレターを見つけられゴミ箱に破って捨てられたことを知ってしまう。
薬を飲み自殺未遂をしてしまったカイに「話しかけないで!。」と言っていたトモが会いに行き「大丈夫だよ。」と励ますシーンは成長した我が子を見るようで泣けてきます。

そこへ、母のヒロミが帰ってくる。
「帰ろう。」という母に養子の事を持ち掛けるマキオに対して普通?ではないリンコに母にはなれないと罵倒するのを見たトモは母を殴りながら
「リンコさんはご飯作ってくれた!キャラ弁作ってくれた!髪も可愛く結んでくれた!編み物も教えてくれた!一緒に寝てくれた!」
「お母さんは、なぜしてくれないの?」

トモの母とリンコに対する気持ちがあふれ出てもう泣きそうです。

黙って出ていこうとする母に抱き着くトモ!
自分が母になれない事を目の当たりにするリンコ!
2人とも幸せになってもらいたいと思っている私は複雑になります・・・。

家に帰るトモに袋に入ったプレゼントを渡すリンコ。
家に帰り袋を開けると毛糸で編んだ偽のオッパイが・・・・。
ここで、映画が終わる。
感動!!!

エンドロールをこんなに感動しながら見た映画って久しぶりでした。

この映画は子供たちに見てほしい!
マイノリティーに対する差別やイジメの問題を描いている。
この映画を見れば子供たちも何かを考えてくれるはずだ!
是非、授業の時間に見せてほしい、素晴らしい映画だ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ