ここから本文です

彼らが本気で編むときは、 (2017)

監督
荻上直子
  • みたいムービー 612
  • みたログ 3,844

4.07 / 評価:3256件

子供の心の悲鳴が聞こえてきます

  • ang***** さん
  • 2019年8月15日 1時20分
  • 閲覧数 2712
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

食べさせてもらってるだけでありがたいと思えと
 ご飯はコンビニおにぎり二個。 大人はそれで良いでしょう。
でも、子供は愛情不足になり、もらったお握りを 吐いてしまったり
 自分は強い子だから何があっても平気と思っていても
母の後ろ姿(幻?)を追いかけ、タンスの母の服に顔をうずめて一人で泣く子供。
 救いは、熱心に面倒みてくれる叔父と叔父の彼女(元男だけど)がそばにいてくれたこと。 これほどの救いがあるでしょうか?
 男だとか女だとか、男のようで女であるとか、そんなことは大人の事情であって、目の前の捨てられた子供を可愛がってくれる「人間」がいたら
 その人こそが「良い人間」でしょう。
 
現実世界では、叔父からも叔父の彼女からも疎まれ、児相が来た段階で
施設送りになってるかもしれません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ