レビュー一覧に戻る
エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -
2016年12月17日公開

エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -

ELSTREE 1976

902016年12月17日公開

ななし

1.0

ネタバレ映画界を変えた映画の、思い出話と愚痴

自分はスターウォーズのファンなんだけど、この作品はん〜どうなんですかね? ファン向けではあるけど…単純に作りが悪くてドキュメンタリーとして感情移入しにくいというか、誰に、どこに、何をスポットを当てたいのかが全く分からない。 ファンと言えど最終的には思い出話と愚痴に浸る居酒屋のおっさんの話を聞いている気分になる。 話を聞いてれば人生上手くいかないのはそりゃ万人そうだろうという感じだし、 最終的にエキストラ達は良い所もなく、未だにサイン会で小銭を稼ぐおっさんみたいな描き方をされている それで本当にいいのか?小さな幸せを見つけたみたく書かれてるけど…なんだか気に食わない 同じスターウォーズのドキュメンタリーならばピープルバーサスジョージルーカスの方が百倍面白いし、よっぽどのファンでも正直見なくても良いかなって感じです ↓以下ほぼ内容 超有名作品のスターウォーズのエキストラの人々にスポットを当てたドキュメンタリー作品なんだけど、 当時、パニック映画全盛の時代において、当時人気の無いSF、オタクで無名の監督が作るスターウォーズは全く期待されていない変な作品だった。 金ピカのスーツ、汚れたセット、毛むくじゃらの男。 そんな期待されない映画だった。 予算も人材も無い中で、そんな無名の映画に参加したエキストラ達はこの映画がその後の映画界を変える事になる作品とは思ってもいなかった。 当然、エキストラをやってる人達は俳優で食っていく事を夢見ていた人達だが、顔も出ないエキストラをやってるような人が作品と同じくらい爆発的に売れる事はまあ稀である。 作品が爆発的に売れた後、俳優業務を辞めた人、コックになった人、体調を崩した人、スターウォーズに出ていた事をネタにして飯を食っている人…人生は様々である。 それをインタビュー形式で描いているが、ドが付くほどのマニアでしか興味を持たないような思い出話と身の上話に花が咲く。 「俺ももう少し売れたかったなぁ」 と皆口々に愚痴を言う。 しかし、ファンから言わせてもらえればスターウォーズで人気が出たのはハンソロ役のハリソンフォードくらいで、主役のマーク・ハミルは声優業に転向、キャリーフィッシャーも役に恵まれず薬物中毒に悩まされたりとメインの人ですら映画ほどの爆発には恵まれなかった。 そんな状況にも関わらず「売れたかった」そうエキストラの方々は愚痴を溢す。 だが、現実を考えればそれは叶わぬ夢。 エキストラの彼らは今、サイン会でファンに対してサインを書いて(悪言い方をすれば)小銭を稼いでいる。 それは良い事なのか、悪い事なのか。 それは誰にも分からない。 しかし、サイン会は彼らにとって今や無くてはならない物。 今日もエキストラ達は思い出話を酒のツマミのようにして、今を生きているのだ。

閲覧数630