ここから本文です

コンカッション (2015)

CONCUSSION

監督
ピーター・ランデズマン
  • みたいムービー 100
  • みたログ 413

3.71 / 評価:310件

人は見たいものしか見ない

  • 実名希望 さん
  • 2019年3月1日 14時29分
  • 閲覧数 208
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

☆1005
原題< CONCUSSION
2015 SONY COLOMBIA



原題は <衝撃> 
アメフトのCTE(BTI)

Chronic Traumatic encephalopathy
慢性外傷性脳症

マイク ウェブススター 元フットボール選手 BTI
David Morse
ベネット監察医/ウィルスミス  
グレイシー助手
プリマ/ベネットの妻になる
スティーブデコスキー内科部長 
Eddie Marsan

シリル・ウェクト博士がボス 上司に恵まれた
Albert Brooks
ジュリアンベイルズ医師NFLの元ドクター
Alec Baldwin

ジョーンズ 

ダニー 嫌な同僚 Mike O’Malley
オマル(黒人)を嫌う白人ダニー
これはアメリカ社会なんだろうな
仮にオマルが白人だったらそうなってない
可能性だってある。


移民 アフリカの部族というルーツ
CTE 同僚に必ずしも恵まれたとは言えない
プリマ(家族)
発表後のNFLの反撃 NFLの汚さ


アメフトの衝突時に脳がダメージを受ける
それを突き止めたまでは良かったが
NFLの大反撃で・・・・

彼が聞いてるヘッドフォンの音楽を
鑑賞者が同じように聞くというのは
面白い。


検死前に「会話」をするのか・・・・
遺体に敬意を払うのは当然だ
遺体にならないと敬意を払われない人もいる。

天才有能というのは良いがあまりにも
善人でなおかつ欠点がないのが欠点では
とっつき難い共感性にかける人物像になり
かねない

ピッツバーグ 2002年9月
ペンシルベニア

実際の肉体は殆ど映らない
見たくないから良いけど

助手の女性の目線だけの演技もいい

検査の凡その流れが描かれてる
ああいう事をしてるのか

アメフトがアメリカ人好みの
激しい動きだとかタックル
攻撃型個人プレー+チームとか組み合わさってるから
人気があるのだろうか

60Gで脳震盪フットボールのタックル100G
マイクは計算上7万回以上のタックルを受けた
他にもいる 常識ではなく科学統計的に有得ない
(日本の統計は信用できないけど)
I can not deny it.

共同研究 共著と言ってもああいう風になってるのか
もちろん分担だとか色々あるだろうが。

元フットボール選手の交通事故はドライブレコーダーの
本物映像

学のないヤブ医者め
臨床データの欠如 論文の撤回を求める

一部の市民ファンらしき人間のクズが嫌がらせ
(日本にも電凸とか嫌がらせを得意とする特異な
集団があるのと同じ)

日曜日はNFLのものだ敵は巨大だ
ちょっと違うが既得権みたいなってる
日本で言えば相撲協会みたいな堕落した組織
歴史はあっても未来はない。

NFLは脳震盪の危機を知っていた
調査委員会を設置(日本も形式だけの詐欺的なのがある)
マルーン医師 チームドクター 用具担当者・・・・
しかもマルーン医師の専門はリュウマチの専門医
関節炎の専門家・・

スティーラーズだけで12人亡くなってる
彼らがボロボロのピックアップで亡くなってるのを
もう見たくない

やり方がある
君はアフリカ系アメリカ人でさえない

闇にあるのを君が明るみに出した

この国の地位ある人は通常ハーバードか
イエール卒だ(日本でも通常は東大京大レベル
最高責任者クラスなら)彼の医大はメキシコ

情けは人のためならず
情けはウヨの為ならず
自殺者が多い(自殺大国の日本と同一視出来ない
社会的宗教的に戒められてる)

何を使ってでも選手を復帰させる
医療じゃない<商売>
NFLは調査すら拒否 

世に恩恵と救済を与える何十万の人々を雇い
多くの貧しい子供を学校に行かせる
フットボールはアメリカで最も人気のある
スポーツだなぜならクソ面白いからだ
あれこそこの街の生命の泉だ
終わらせたいのか?
何たる病理学者だ

アメリカのたった1割の母親が子供に
フットボールをさせなくなったら終わりだ

「アメリカ人として認められる事」
TVも無視なかった事にしたい

脳震盪会議があり
コミッショナーに会えるかもと電話があるが
直前に発言が出来ず入室も出来ないと無視

それどころかうつ病やアルツハイマーの早期発症など
彼の発表を徹底的に否定し<反論反撃>を開始する
所長も起訴されてFBIに捜査される
(あからさまな攻撃と嫌がらせ)
84件の連邦条令違反


オマルも職場を去らざるを得ない
カリフォルニアに転居し新しい生活に
馴染んでいたころに
NFLの元理事?(選手でもあった)デュアソンが
自殺し脳を提供するとジュリアンから電話がある

NFLの会議に参加し発言の機会を与えられる
(座席に死者が着席してるシーンは良いが
流れがイマイチ)

アメリカのよい所は直ぐにミスを認めるわけではないが
調べる時は徹底的に調べる

彼はワシントン監察医長官の打診を断る

アメリカ人の模範です
高校のフットボールの練習風景を見るが
結局犠牲者の予備軍だと示してる
2011年NFL元選手が告訴 示談成立
28%が罹患 博士の起訴は取り下げられた
2015年にアメリカ市民権獲得

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ